クラウド戦略における最大限の可能性を引き出す

クラウドを容易に採用する

今日、ほぼすべての企業や組織は、俊敏性を高めるためや業務を簡素化するために、クラウドに注目しています。しかし、特に既存のレガシーインフラストラクチャと共にクラウドを管理することの複雑さを考慮するならば、常に良いことばかりではありません。82%の企業や組織が、複雑さがクラウドへの移行を妨げていると回答しているのにも頷けます1。セキュアなデジタルワークスペースは、お客様のクラウドへの移行を円滑化します。これにより、お客様は、ワーカーが高い生産性を維持すること、データが安全であること、管理が簡素化されることを確実に実現できます。

お客様の条件に合わせてクラウドへと移行

すべての場合に当てはまる単一のクラウド移行計画などというものは存在しません。自社ビジネスに適したクラウドまたはハイブリッドインフラストラクチャを選択するためには、柔軟性が必要となります。Citrix Workspaceを使うと、お客様は、完全なクラウド環境であれ、ハイブリッド環境であれ、希望した場所にワークロードを保存できます。お客様が何を選択したかにかかわらず、Citrix Workspaceを使うと、お客様は単一コンソールを通じてすべてを管理できます。

ユーザーが期待するエクスペリエンスを提供

従業員は、仕事をするために、タイプの異なるアプリケーション(SaaS、エンタープライズ、Web、仮想)の混在を必要としています。しかし、従業員は多すぎる数のパスワードを使い分ける必要があるため、 ネットワークから切断された状態では、しばしば情報の検索に20%の時間を無駄にすることもあります2 。Citrix Workspaceを使うと、従業員は自分が必要とするすべてのものを簡単に見つけられるようになります。あらゆるアプリケーション、デスクトップ、ファイルを、それらが実際にはどこに保存されているかにかかわらず、単一の場所に全部まとめて表示できます。また、外出中に簡便なアクセスを実現するために、ユーザーはCitrix Workspaceアプリを、任意のデバイス上にインストールすることもできます。

データをセキュアに維持

複数のベンダーが提供するクラウドサービスを利用している場合、一貫性のないセキュリティポリシーや寸断されたアクセスを押し付けられることがあります。Citrix Workspaceを使うと、お客様は、高度なセキュリティ制御を通じて、すべてのクラウドサービスにおけるリスクの監視、規制、管理が行えるようになります。お客様は、すべてのクラウドアプリケーションに対するシングルサインオン(SSO)を提供できるほか、サインイン後にユーザーがどの操作を実行できるかを制御できます。企業データを保護するために、コピー/ペーストやダウンロードのような操作を制限するためのポリシーを設定できます。また、リスクの高いWebサイトをブロックすることで、Web攻撃からユーザーを安全に保ちます。

全体を一望できる可視性を確保

すべてのクリティカルなデータに関して良好な可視性を保持している企業の割合はわずか 7% oに過ぎないことをご存知でしたか3? お使いのクラウドサービス全体に関する可視性は、データを保護するためだけではなく、パフォーマンスの問題を特定するためにも重要となります。Citrix Workspaceは、潜在的な遅延の問題を特定すると、トラフィックを自動的にリダイレクトすることで、ユーザーが中断なしに仕事を続けられるようにします。また、お客様は、特定のアプリケーションやユーザーのために帯域幅を優先順位付けするポリシーを設定できます。

詳細はこちら

eBook

未来のワークスペースを実現するための準備を整える

eBookを読む

ウェビナー

クラウドによりアプリケーション、デバイス、データの管理を簡素化する4つの実用的な方法

オンデマンドWebセミナーを見る

Bブログ

クラウドへのスムーズな移行を実現するための5つのヒント

ブログ記事を読む