自分のペースでクラウドへと移行が可能

ビジネスにとって最適なものを選択

多くの企業や組織が、クラウドインフラストラクチャに対する投資を増やしています。現在、平均的なクラウド予算は200万ドルを超えていますが、一般的な大企業の場合、それをはるかに超えています1。しかし、多くの企業や組織がビジネスの俊敏性を高め、業務を簡素化するためにクラウドに注目しているものの、容易に移行できるものではありません。管理者のスキルセットからクラウドセキュリティに至るまで、取り組むべき課題が無数に存在しています。仮想化のパイオニアであるCitrix Virtual Apps and Desktopsは、お客様のビジネスに適したペースでクラウドへと移行することを可能にし、クラウド移行のあらゆる段階でお客様をサポートします。お客様の特定の目標にマッチする柔軟なオプションにより、あらゆるデバイスで、あらゆるネットワークを通じて、セキュアなアプリケーションとデスクトップを提供するために必要なものを確保できます。お客様が、クラウド移行のどの段階にいるかは関係ありません。

ワークロードの削減

現在、企業のワークロードの83%がクラウドに置かれていますが、66%のIT専門家は、企業のクラウド戦略を採用する上でセキュリティが依然として重要な懸念事項であると回答しています2。その他の課題としては、企業文化、レガシーアーキテクチャ、スキルセットの格差などが挙げられます3。企業や組織は、管理者に余計な負担をかけず、リスクを増大させずに、アプリケーションをクラウドへとオフロードすることで、アプリケーションの管理を簡素化する方法を必要としています。Citrix Virtual Apps and Desktopsを使うと、クラウド環境やオンプレミス環境のワークロードを、すべて単一の簡便な管理コンソールから処理できます。IT部門は、セキュリティポリシーとアプリケーションアクセスの完全な制御を維持し、大規模なソフトウェアアップデートを容易に適用できます。組み込み型のセキュリティ機能により、従業員は、クラウドであれオンプレミスであれ、データセンター内で完全に保護されたまま企業のリソースに安全にアクセスできます。

エクスペリエンスの強化

企業は、M&Aからグローバル展開に至るまで、人々がどこで仕事をし、どんなデバイスを使っているかに関わらず、分散したチームのニーズに応える新しい方法を必要としています。Citrixソリューションを使うと、仮想アプリケーションとデスクトップを、どこからでも、あらゆるデバイスを通じて配信できるようになります。ビジネス変革が今後どの方向に向かおうと、Citrix Virtual AppsとDesktopsを使用して優れた従業員エクスペリエンスを実現する方法が確実に存在します。WindowsおよびLinuxを仮想的に配備することで、管理されていない従業員デバイスや予測不可能なインターネット接続を使う場合であっても、高品位なエクスペリエンスを保証できます。

自分のペースで移行可能

すべての組織が、それぞれ独自のクラウド移行スケジュールを持っています。重要なビジネスアプリケーションをデータセンターに保管する必要がある企業もあれば、スケーリングや冗長性のために複数のクラウドに移行する企業もあります。現在のお客様の組織の状況に関わらず、Citrix Virtual Apps and Desktopsは、お客様のビジネスや業界の特定のニーズに基づいて、今後も進化していきます。パブリッククラウドやオンプレミス環境から、いつでも迅速なプロビジョニングと簡単なアップデートが行えるため、極めてシームレスなハイブリッドクラウドへの変革を実現できます。その後、次のステップに進む準備ができた時点で、Citrix Workspaceを使用することで、構成、ガイド、自動化が行えるようになります。

1IDG 2Forbes 3O'Reilly

働き方における次なるトレンド

2020年にデジタルワークプレース戦略を定義するための3つの洞察

記事を読む

準備が整ったら始めましょう