Citrix Cloud×Windows Virtual Desktopで 従業員1万人が使うシンクライアント環境を一新

大手ITソリューションプロバイダーの伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、Microsoft Azure 上のVDI サービス「Windows Virtual Desktop(WVD)」とシトリックスのクラウド サービス「Citrix Cloud」との連携によって従業員約1 万人が使うシンクライアント環境を一新、 そのパフォーマンスと保守性・管理性を大幅に向上させています。

導入前の課題

  • シンクライアント環境の基盤として 活用してきたWindows Server 2008R2がサポート終了のタイミン グを迎え、基盤の全面刷新が必要 とされた
  • シンクライアント環境の性能を上 げながら、導入・運用コストを必 要最低限に抑えたかった
  • 新基盤として採用したWindows Virtual Desktop のエンタープ ライズレベルでの保守性・運用管 理性を高める必要があった

導入後の効果

  • Citrix Cloud によってWindows Virtual Desktop 環境の効率的な 保守・運用管理が可能になった
  • 画面転送効率に優れたシトリック スのHDX プロトコルによって、シン クライアントでの快適な仮想デス クトップ利用が実現された
  • Citrix Cloud によるセキュリティポ リシーの集中管理で、ポリシーベー スでの細かなセキュリティ制御が容 易になった

シンクライアント環境の 新たな基盤としてWVD を選ぶ

CTCは、日本屈指のITソリューションプロバイダー です。オープン系の大規模基幹システムの構築で 豊富な実績・経験を有し、データセンターを活用し たアウトソーシングサービスを得意としています。
そうした同社では、2004 年からシンクライアントの 社内利用に本格的に乗り出し、のちには、マイクロソ フトのサーバOS「Windows Server 2008R2」の リモートデスクトップサービス(RDS)を使ったシンク ライアント環境を構築、従業員約1万人に対してサー ビスを提供してきました。

その中で、Windows Server 2008R2に対する マイクロソフトのサポートが2020 年1 月に終了す ることになり、シンクライアント環境の基盤を刷新す る必要に迫られました。その新しい基盤としてCTC が選定したのが、Microsoft Azure 上で提供され ているマイクロソフトのVDI サービス「Windows Virtual Desktop」と、シトリックスのクラウドサー ビス「Citrix Cloud」とを連携させたソリューション (Citrix Cloud for Windows Virtual Desktop /以下、Citrix Cloud for WVD)です。

WVD のエンタープライズ活用を 実現すべくCitrix Cloud を選択

シンクライアント環境の基盤を刷新するに当たり、 CTCは当初、WVDで利用できるクライアント OSの選択肢の中でWindows 10 のシングル セッションの導入を検討しました。ただし、この方 式によって従業員1万人が使うシンクライアント環 境を構築しようとすると、コストが大きく膨れ上が り、「とても、現実的な解とは言えませんでした」と、 CTC 情報システム部インフラシステム課 課長の 浅沼 宏紀氏は振り返ります。

そこで同社は、Windows 10のマルチセッション ─つまりは、複数ユーザーによるWindows 10 の共用を可能にするWVDの活用を選択しました。 この選択によって、通常のシングルセッション環境を 使う場合と比べ、WVD環境の構築/ランニングコ ストを大幅に減らすことが可能になったといいます。
ところが、WVDの環境だけで1万人が使うよう な大規模シンクライアント環境を運用管理してい くのは難しく、WVDの保守性・運用管理性を高 めるソリューションが必要とされました。そのソ リューションとしてCTCが採用したのが、Citrix Cloudです。このサービスの働きにより、WVD のエンタープライズレベルでの使用を実現するこ とが可能になり、結果として、通常のVDIを使う場 合の約5分の1にコストを圧縮しながら、高いパ フォーマンスを発揮するシンクライアント環境が 構築できたと、浅沼氏は言います。

Citrix Cloud for WVDの選択が もたらしたメリット

Citrix Cloudは、WVDの管理プレーンとして機 能するクラウドサービスです。同サービスを使うこ とで、例えば、ユーザー企業のデータセンターと Microsoft Azureとを直接結ぶ閉域網「Azure Express Route」の使用がサポートされます。

「当社では、自社のデータセンターからMicrosoft Azure上に構築されたWVDへアクセスするため にAzure Express Route でMicrosoft Azure と当社のデータセンターを結ぶ必要がありました が、それにはCitrix Cloudの活用が必要でした。 その一点だけでも、Citrix Cloudを使う意味が あったと言えます」(浅沼氏)。
また、Citrix Cloudを使用することで、シトリック ス独自の画面転送プロトコル(HDX)が使えるよう になります。「このプロトコルを使うと、Windows 標準のプロトコル(RDP)を使う場合に比べて画面 転送効率が圧倒的に良くなります。これもCitrix Cloudを使う利点の一つです」(浅沼氏)。

HDXを使うことで、画面転送によるネットワークリ ソースの消費がRDPに比べて最大2 割程度削減 が期待されます。これにより、シンクライアントで の快適な仮想デスクトップ利用が担保されたほか、 Azure Express Route の通信コストが低く抑え られる可能性も広がっています。

加えて、Citrix Cloud では、GUIコンソールや ウィザードなどを使ったWVD 環境の直感的な運 用管理を実現するほか、数百台に及ぶサーバをシ ングルイメージでテンプレートとして管理するこ とができます。こうしたCitrix Cloud の機能は、 シンクライアント環境のメンテナンス性を上げる うえ大いに役に立つと、CTC 情報システム部イ ンフラシステム課 長井 健太氏は指摘します。

「例えば、従来の環境では、システムの更新をかけ る際に、数百台のサーバに対して同じ更新をかけ る必要がありました。加えてシステムの更新頻度 も高く、運用面の大きな負担になっていました。そ れがCitrix Cloudを使うと、OSテンプレート用 のマシンを1台用意しておき、それに対して更新を かけるだけで更新内容が自動的に複数台のマシン に横展開されます。この仕組みのおかげで、シス テムを更新する手間が大きく減らせています」
また、Citrix Cloud には、「WEM(Windows Environment Management)」と呼ばれる機能 もあり、これを使うことで無駄なCPUやメモリの 消費を抑えてシステムを安定化させることも可能 になります。「WEMを使いこなすのはこれからで すが、とても優れた機能なので積極的に活用して いく予定です」(浅沼氏)。

さらに、Citrix Cloud では、セキュリティポリシー の集中管理を可能とし、ポリシーベースでの細か いセキュリティコントロールも可能にしています。

シンクライアント利用の勢いが増す

WVDとCitrix Cloudの採用を決めたCTCでは、 両クラウドサービスの利点を活かしながらシステ ム構築の作業を急ピッチで進め、わずか2カ月間 で1 万人が使用可能な新たなシンクライアント 環境の構築を完了させ、2020 年1 月から運用を スタートさせました。

のちに発生した新型コロナウイルス感染症の流 行に伴い、CTCではほぼ全ての従業員の働き方 を在宅勤務へと移行させましたが、その際も、 Citrix CloudとWVDを使った新たなシンクラ イアント環境は従業員のテレワークをしっかりと 支えたといいます。

「新しいシンクライアント環境に対する利用者の評 価は上々のようで、従来環境に比べて性能が格段に よくなったとの声もあるようです。つまり、新環境は、 テレワークに必要とされるアプリケーションをストレ スなく動作させているということです」(浅沼氏)。

ちなみに、CTCでは、ZoomやTeamsを標準 のリモート会議ツールとして採用し、社内ミーティ ングや講習会/セミナーなどに活用しています。

このようなリモート会議ツールは、VDI環境下で 快適に動かないことがよくありますが、Citrix Cloud では最適化機能を提供し、シンクライアン ト環境に対する更新を一元的に確実に行うことが 可能です。

長井氏によれば、このような新たな環境のパフォー マンスの良さもあり、シンクライアントを活用しよう とする社内の機運は高まり続けているといいます。

「当社の場合、約1 万人分の従業員に向けてシン クライアント環境を用意していますが、それを使う か使わないかは任意です。ただし、リリース後 WVD環境を積極的に使おうとする従業員が増え ています。ですので、WVD環境の一層の拡張 /強化を、Citrix Cloud の良さをフルに活かし ながら図っていきたいと考えていますし、サーバ 集約率の向上とHDXの働きで感覚的にネットワー ク帯域もかなり削減されているようなので、 Citrix Cloud によるコスト削減効果にも大きく期 待しています」

Citrix Cloud とWindows Virtual Desktopの 連携で大規模シンクライアント環境の性能と 経済性は一挙に高められます
浅沼 宏紀 氏
情報システム室 情報システム部 インフラシステム課 課長
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

業界

導入製品・サービス