Jun

292022

Citrix®、ゼロトラストネットワークアクセスにおけるリーダーに選出

最新の脅威からアプリケーションとデータを保護し、 優れたユーザーエクスペリエンスを提供するリーダーと評価

本リリースは2022年6月 21日に米国で発表された プレスリリースの抄訳です。

フロリダ州フォートローダデール発 - 2022年6月21日 – Citrix Systems, Inc. (NASDAQ:CTXS)(NASDAQ:CTXS)は、ゼロトラストネットワークアクセスに関するGigaOmのレポート「GigaOm Radar for Zero-Trust Network Access」にて、企業がゼロトラストネットワークアクセス実現のためのソリューション提供における「リーダー」および「ファーストムーバー」と評価されたことを発表しました。

リモートワークとオフィスワークを両立するハイブリッドワークにおいて、アプリケーションとデータの保護には、ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)が何よりも重要です。GigaOmのセキュリティ リサーチャーであるクリス・レイ(Chris Ray)氏は、次のように述べています「長年、リモートアクセスの保護方法と言えば、仮想プライベートネットワーク(VPN)が標準でした。しかし、VPNは正規ユーザーがリソースにアクセスする際のコンテキストを考慮に入れることができないため、制御レベルの面で制約があります」

IT組織がより優れた機能を備えた最新のZTNAソリューションを特定できるようにすることを目的とするGigaOm Radar for Zero-Trust Network Accessは、以下の基準で12社のベンダーを評価しました。

  • AMおよびMFAベンダー統合
  • クラウドおよびSaaS統合
  • UEBAのような機能
  • アンマネージドデバイスのサポート
  • レガシーアプリケーションのサポート
  • セッション監視機能

Citrixは、すべてのカテゴリーで「リーダー」と「ファーストムーバー」に選ばれ、ZTNAソリューション の拡張性、統合の成熟度、および技術革新が特筆されました。

Citrixは、従業員に働く場所や働き方の柔軟性と選択肢を与えると同時に、IT組織にそれをセキュアに実現するための可視性と制御をもたらす、統一されたクラウド型セキュアアクセスソリューションスタックを提供しています。

Citrixの製品管理担当シニアディレクターであるパンカジ・グプタ(Pankaj Gupta)は、次のように述べています。「アプリケーションとデータの保護に関して言えば、脅威や脆弱性に対する防御以上に課題が残っています。従業員の生産性とエンゲージメントを維持するには、従業員が仕事に必要なリソースに手間のかからない方法で透過的にアクセスできなければなりません」

Citrixのセキュアアクセスソリューションは、最新のZTNAテクノロジーを利用して、Web、SaaS、クライアントサーバー、DaaS(Desktop as a Service)など、デプロイ先がパブリッククラウドかオンプレミスデータセンターを問わず、あらゆる企業アプリケーションへのユーザーアクセスを保護します。

ログイン時にのみ認証する従来のVPNやSSOとは異なり、Citrix ZTNAソリューションは各セッション全体にわたってリスクファクターを継続的に評価します。疑わしい活動が検出された場合、きめ細かいセキュリティ制御がバックグラウンドで自動的に作動して、アプリケーションと対話する際のユーザーの認証方法を変更し、ユーザーエクスペリエンスを妨げることなく安全な状態を保ちます。

「総合的なセキュリティを優れたユーザーエクスペリエンスと組み合わせるというCitrixの戦略は、重要な差別化要因です」とGigaOmのセキュリティ リサーチャーであるクリス・レイ(Chris Ray)氏は指摘しています。そのほかにも、次のような強みがレポートで言及されました。

  • ソリューションの完全性
  • 非常に強力で考え抜かれた機能
  • リモートブラウザーによるアンマネージドデバイスのサポート
  • 堅牢なデータ損失防止技術
  • 他のテクノロジーとのシンプルで成熟した統合

「ネットワークセキュリティやアプリケーションセキュリティは複雑化しています。Future of Work(働き方の未来)をサポートした最新のアプローチでセキュリティの簡素化を実現するソリューションのリーダー企業としてCitrixが、GigaOmに認められたことをうれしく思います」と、Citrixの製品管理担当シニアディレクターであるパンカジ・グプタ(Pankaj Gupta)は述べています。

GigaOmについて
GigaOmは、IT部門の戦略的なデジタルエンタープライズイニシアティブやデジタルビジネスイニシアティブの技術面、運用面、経営面での助言を提供しています。ビジネスのモダナイズやトランスフォーメーションに関する実践的、実用的、戦略的、先見的な助言を求める企業のビジネスリーダー、CIO、IT組織にパートナーとして選ばれています。GigaOmの助言は、絶えず変化する顧客ニーズを確実に捉える必要がある、複雑化の一途をたどるビジネス環境において企業が競争に勝利するための力を与えます。

GigaOmは、企業のIT組織だけでなく、その他の組織とも直接協力して、リスクとイノベーションのバランスをとりながら、落とし穴や障害を回避するための実証済みの方法論を適用します。主な調査方法論としては、導入調査、ベンチマーク調査、ユースケース、インタビュー、ROI/TCO、市場動向、戦略動向、技術ベンチマークなどが挙げられます。GigaOmのアナリストは、アーリーアダプターからメインストリーム企業までの幅広い顧客に対し、20年以上にわたって助言してきた経験があります。

GigaOmは、先入観のない企業実務家の視点を持っています。その視点を通して、GigaOmは熱心にご支持いただく顧客と深く有意義なレベルでお客様とつながります。

Citrixについて
Citrix(NASDAQ: CTXS)は、企業が従業員の可能性を引き出し、働く場所に関わらず、一貫したワークスペースエクスペリエンスを提供するのに役立つ、セキュアで統合されたデジタルワークスペーステクノロジーを開発しています。Citrixは、ユーザーにはシームレスなワークエクスペリエンスを、ITチームには複雑なクラウド環境におけるさまざまなテクノロジーの保護、管理、監視を支援する統合プラットフォームを提供します。

株主・投資家の皆様へ
本発表には、1933年証券法27A条および1934年証券取引所法21E条のセーフハーバー条項に基づく将来の見通しに関する記述が含まれています。本発表中に含まれる将来の見通しに関する記述は、将来の業績を保証するものではありません。そうした記述には、グローバル経済の影響やIT支出環境の不確実性、収益成長率と収益の認識、製品とサービス、それらの開発と流通、製品需要とパイプライン、経済的・競争的要因、Citrixの主要な戦略的関係、および企業買収と付随する統合に関連するリスク、ならびにCitrixが米国証券取引委員会に提出する書類に記載されたその他のリスクを含め、見通しとは大きく異なる結果をもたらしうるさまざまな要因が含まれます。Citrixは、本発表に含まれる、または関連する将来の見通しに関する情報を更新する義務を負いません。Citrixは、記述されたCitrix製品の特徴や機能の開発、提供、および提供開始時期をその単独の裁量で決定する権利を留保し、予告または協議なく変更することがあります。記述内容は情報提供のみを目的としており、何らかの製品、コード、または機能を提供することの約束でも、保証でも、法的義務でもなく、購入時の判断や契約への組み入れに際して依拠すべきものではありません。

© 2022 Citrix Systems, Inc. 本資料に含まれるCitrix、Citrixロゴ、およびその他のマークはCitrix Systems, Inc.の商標であり、米国の特許商標庁および他の国において登録されている場合があります。その他のマークはすべてそれぞれの所有者に帰属します。

<Citrix製品に関するお問合せ>
https://www.citrix.com/ja-jp/contact/form/inquiry/

<本件に関する報道関係者からのお問合せ先>
シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社 広報事務局
Tell: 03-4405-9537
Email: citrix@next-pr.co.jp

【ソーシャルアカウント】