ニューノーマル時代に必要なデジタル変革とは シトリックスが再定義する働き方:どこからでも働ける環境がもたらすDXの可能性とは
Jul 29 2020

DATE
Jul 29, 2020 | 2:00 PM Japan

ニューノーマル時代に必要なデジタル変革とは

シトリックスが再定義する働き方:どこからでも働ける環境がもたらすDXの可能性とは

型コロナウィルスの感染拡大を機に、テレワーク・在宅勤務を導入する企業が急速に広がり、ポストコロナ時代も、これまでの勤務形態が完全に復活するのかは依然不透明な状況です。これからニューノーマル時代を生き抜くために必要なデジタルトランスフォーメーションとは何なのか。この度、シトリックスでは、IDC 様と協業し、企業がどのように、ビジネスの継続性を維持し、テレワーク/リモートワークを導入し従業員の安全性を確保しているのかというコロナ禍におけるワークスタイルに関する調査を実施しました。本講演では、IDCジャパンからアナリストをお招きし、同調査結果への分析もふまえ、これからの時代に必要なDXに関するお話をいたします。

シトリックスからは、不安定時代に業務生産性の最大化につながるエンゲージメントのあり方、そうした「DX時代の働き方改革」を実現するテクノロジーなどについて、戦略とアクションを探ります。

是非ともご参加を賜りますようお願い申し上げます。

14:00-14:20
COVID-19で加速するデジタル変革と高まるリスク

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響でリモートワークが急速に拡大し、クラウドサービスの活用だけでなく、ビジネスオペレーション全体のデジタル化が加速しています。一方でサイバー攻撃の高度化やプライバシー法の規制強化によって、セキュリティ侵害やコンプライアンス違反といったリスクが高まっています。また、同時にどうDXを加速するかも重要課題となっています。本講演では、リモートワークによるデジタル化に潜むリスクと求められるセキュリティとコンプライアンス、及びDXへの重要性について現状の課題を考察し、リスクを低減させるための提言を伝えます。

IDC Japan株式会社
ソフトウェア&セキュリティ
リサーチマネージャー
登坂 恒夫 氏

14:20-14:50
ニューノーマルに向けて人中心のデジタル変革を加速するプラットフォームの考え方

今回の緊急事態発生によってリモートワークにおける課題が明確になりました。
さらに競争優位性獲得に向けた人中心のデジタル変革への投資の重要性が増してきています。デジタル変革を加速するユーザーエクスペリエンスとIT環境の両側面を考慮した戦略的アプローチが必要になってきています。本セッションでは、ニューノーマル、デジタル変革に向けたIT活用環境の戦略的アプローチとプラットフォームの考え方を紐解きます。

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
セールスエンジニアリング本部 ソリューション部
部長&エバンジェリスト 
笠原 俊和