May

92022

Citrix、Citrix DaaSをMicrosoft Azure Marketplaceで提供開始 Microsoftとのコラボレーションを通じてハイブリッドワークへの移行を推進

企業のIT部門への迅速かつ容易な Windows /Linuxデスクトップの提供が可能に

フロリダ州フォートローダデール発  2022年4月26日 - Citrix Systems, Inc. (NASDAQ:CTXS)は、CitrixはMicrosoftと提携し、Microsoft Azure MarketplaceでCitrix Desktop as a Service(DaaS)を提供開始することを発表しました。

近年働き方の変化に伴い、IT部門は柔軟な働き方へのニーズに応えるため、業務に必要なリソースへのセキュアなアクセスを、在宅勤務、オフィス勤務、移動中など、あらゆる場所において、迅速に提供することが求められています。Citrix DaaSがMicrosoft Azure Marketplaceで提供されることで、市場をリードする本ソリューションがこれまで以上に購入しやすくなります。これにより、リモート環境で働く従業員が求める、セキュアで処理能力に優れたワークスペースが迅速かつ容易に構築できます。

最高のパートナー

Citrixのプロダクトマーケティング担当バイスプレジデントであるカリサ・ストリンガー(Carisa Stringer)は、次のように述べています。「CitrixとMicrosoftは長年にわたり、Microsoft Azureが持つパワーと、Citrixのデジタルワークスペースと仮想化ソリューションが提供するユーザーエクスペリエンス、管理、およびセキュリティ面での利点を組み合わせ、Future of Workを加速するために協力してきました」

CitrixとMicrosoftのパートナーシップの一例として、Forrester Total Economic Impactレポートによれば、Citrix DaaSとMicrosoft Azureを共に使用することで、企業の業績向上について以下のような好影響を与えることが明らかになっています。

  • オンプレミスのレガシーITコストを100万ドル削減
  • ITの効率を10%改善
  • デスクトップに関連したヘルプデスクへの問合せが33%減少
  • 従業員のオンボーディングに関してスタッフが費やす時間が53%減少
  • 対投資効果は153%

「CitrixのオンプレミスシステムからCitrix DaaSに移行することにより、お客様には3年間のうちに50%から70%のコスト削減を実現しました。これはMicrosoft Azure Virtual Desktopのみによって得られるコスト削減率をさらに25%上回ります」とストリンガーは述べています。

ITをモダナイズ

Citrix DaaS(旧称Citrix Virtual Apps and Desktops Service™)は、クラウドやデータセンターから世界中のあらゆるデバイスに向けて、アプリケーションやデスクトップをセキュアかつ迅速、簡単に配信できるクラウドサービスです。 DaaS市場をリードするCitrix DaaSは、ITモダナイゼーションを実現し、リモートオフィスに分散した従業員からの多様なニーズに応えることを可能にします。

このソリューションにより、Microsoftのお客様は、WindowsおよびLinuxのデスクトップとアプリケーションを場所やデバイスの種類を問わず容易に配信できます。また、Windows 11やWindows10マルチセッションをはじめとする主要プラットフォームの強化が可能になります。 

主な特徴

  • 高解像度なHDXテクノロジー - Citrix HDXテクノロジー は、Teams、Skype、およびその他のマルチメディアアプリケーションを利用するあらゆるデバイスに最適化された音声およびビデオパフォーマンスを提供し、インターネットへの接続状況や場所にかかわらずインタラクティブなエクスペリエンスを提供します。
  • 包括的な管理ツール - 標準で提供する管理ツールでは、仮想マシンのOSイメージ管理、アプリケーションのライフサイクル、およびIT運用タスクを最適化し、Azureとオンプレミスの両方への展開を単一のインターフェイスで管理できるため、すべての従業員に最適化されたエクスペリエンスを提供します。
  • アナリティクスの統合 - Citrixの パフォーマンスとセキュリティアナリティクス機能 を通じて、管理者がアプリケーションのパフォーマンスやセキュリティの問題を詳細に把握できるため、迅速に問題に対処し、影響を軽減することができます。
  • Provisioning Services (PVS) - 高い評価を得ているソフトウェアストリーミングテクノロジーにより、単一の共有仮想ディスクイメージからデスクトップとアプリケーションをリアルタイムに展開、更新できます。これにより、IT部門はクラウド上の数百台から数千台にもおよぶ仮想マシンを数分で作成、起動したり、OSやアプリケーションを変更したりできるようになり、クラウドでのリソース消費を最小限に抑えながら、IT部門の俊敏性を高めます。

従業員のエクスペリエンスを改善

「CitrixとMicrosoft Azureを通じ、IT部門はユーザーのエンゲージメントと生産性を維持する優れた機能やサービスを提供できるようになります。ビデオストリーミングはスムーズに、音声通話は明瞭に、またグラフィックを多用したエンジニアリングアプリケーションのレンダリングもシームレスに行えます」とストリンガーは述べています。

CitrixとMicrosoft Azureによるその他の利点:

  • パフォーマンス向上 - ワークスペース環境マネジメントサービスがユーザー集約率を高めてパフォーマンスを最適化し、エクスペリエンスをさらに高めます。
  • セキュリティ強化 - アプリケーション保護、動的なポリシー制御、および透かし機能により、内部犯行や不注意によるデータ損失や漏洩から保護します。
  • 優れたコスト効率 - オートスケーリング機能が状況に応じてクラウドの仮想マシン規模を迅速に拡大・縮小し、ビジネスからの要求に迅速に応えつつコストを抑えます。

Citrix DaaSを Azure Marketplaceを通じて提供することによるお客様への利点:

お客様が環境を迅速にクラウドへ拡大し、Future of Workへの移行を支援するAzure Marketplaceで提供されている幅広いシトリックスソリューションにCitrix DaaSが加わりました。 Citrix DaaS の詳細につきましてはこちらをご覧ください。

Citrixについて
Citrix(NASDAQ: CTXS)は、企業が従業員の可能性を引き出し、働く場所に関わらず、一貫したワークスペースエクスペリエンスを提供するのに役立つ、セキュアで統合されたデジタルワークスペーステクノロジーを開発しています。Citrixは、ユーザーにはシームレスなワークエクスペリエンスを、ITチームには複雑なクラウド環境におけるさまざまなテクノロジーの保護、管理、監視を支援する統合プラットフォームを提供します。

株主・投資家の皆様へ
本発表には、1933年証券法27A条および1934年証券取引所法21E条のセーフハーバー条項に基づく将来の見通しに関する記述が含まれています。本発表中に含まれる将来の見通しに関する記述は、将来の業績を保証するものではありません。そうした記述には、グローバル経済の影響やIT支出環境の不確実性、収益成長率と収益の認識、製品とサービス、それらの開発と流通、製品需要とパイプライン、経済的・競争的要因、Citrixの主要な戦略的関係、および企業買収と付随する統合に関連するリスク、ならびにCitrixが米国証券取引委員会に提出する書類に記載されたその他のリスクを含め、見通しとは大きく異なる結果をもたらしうるさまざまな要因が含まれます。Citrixは、本発表に含まれる、または関連する将来の見通しに関する情報を更新する義務を負いません。Citrixは、記述されたCitrix製品の特徴や機能の開発、提供、および提供開始時期をその単独の裁量で決定する権利を留保し、予告または協議なく変更することがあります。記述内容は情報提供のみを目的としており、何らかの製品、コード、または機能を提供することの約束でも、保証でも、法的義務でもなく、購入時の判断や契約への組み入れに際して依拠すべきものではありません。

© 2022 Citrix Systems, Inc. 本資料に含まれるCitrix、Citrixロゴ、およびその他のマークはCitrix Systems, Inc.の商標であり、米国の特許商標庁および他の国において登録されている場合があります。その他のマークはすべてそれぞれの所有者に帰属します。

<Citrix製品に関するお問合せ>
https://www.citrix.com/ja-jp/contact/form/inquiry/

<本件に関する報道関係者からのお問合せ先>
シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社 広報事務局
Tell: 03-4405-9537
Email: citrix@next-pr.co.jp

【ソーシャルアカウント】