Citrix Virtual Apps and Desktopsによる シンクライアント化で働き方改革を加速 業務効率が向上、テレワークや在宅勤務も全社に浸透

MS&ADインシュアランス グループの中核事業である損害保険事業を担う三井住友海上 火災保険株式会社。2016年から働き方改革に取り組んでいる同社では、社員に支給して いるPCの情報漏洩対策と運用負荷の軽減を見据えてシンクライアント化を検討。Citrix Virtual Apps and Desktops Premium Edition(旧称:Citrix XenDesktop Platinum Edition)を採用し、グループ会社を含む約2万6,000人が利用するための仮想PC環境を整 備しました。この導入により、時間や場所にとらわれない柔軟な働き方が可能になり、在宅勤務 などのテレワークが全社に浸透し、生産性も向上、同社の働き方改革は大きく前進しました。

三井住友海上火災保険株式会社 導入事例 PDF

課題: 情報漏洩対策の強化や運用コストの削減 働き方改革での活用を目指し シンクライアント化を検討

グループミッションである「世界トップ水準の保険・金 融グループの創造」の実現に向け、グローバル規模で 損害保険事業を展開する三井住友海上火災保険。国内 損害保険事業・国内生命保険事業・金融サービス事業・ リスク関連サービス事業・海外事業の5つの事業ドメ インのもと、多様化している顧客のリスクとニーズに合 わせた商品・サービスを提供。国内に485拠点を持ち、 海外は42カ国・地域に進出と世界トップクラスのネッ トワークを保持しており、特にアジアではASEAN10カ 国すべてに拠点を持つ唯一の保険会社です。

これまで同社はグループ会社含む社員に対し、1人1台の FAT PCを割り当て、5 ~ 6年のサイクルで更新してきま した。しかし、同社が機密性の高い情報を扱うことの多い 損害保険事業を主としている会社である以上、記憶媒体 を搭載したFAT PCでは、情報漏洩のリスクが高く外部へ の持ち出しができません。持ち出し専用のPCも用意され ていたものの、その数は少なく、全社員には行き渡ってい ませんでした。そのため、営業担当や損害査定担当は、外 出先から会社に戻ってメールや書類作成などの処理を 行っており、業務の効率を下げる要因となっていました。

こうした課題を解決するため同社では、PC全体の約 7割(2万3,000台)が入れ替えとなる2016年に向 けて、2013年からシンクライアント化の検討を開始しました。そのねらいについてIT推進部 部長の田中 誠司氏は「情報漏洩対策や事業継続への対応に加 え、運用にかかるコストの削減を目指しました。また、 当時は今ほど注目されてはいなかった働き方改革 にも活用したいという期待もありました」と語ります。

ソリューション: 金融機関での導入実績と 大規模運用のノウハウを評価し Citrix Virtual Apps and Desktopsを採用

三井住友海上火災保険では、2013年7月からシトリッ クスのコンサルティングサービスを利用し、既存の環 境についてのアセスメントを約1年間かけて実施しま した。その過程で仮想デスクトップ方式(VDI)とアプ リケーション仮想化方式(SBC)を比較し、業務アプリ ケーションとの親和性を考慮してVDI方式を選択。そ の後、2社のVDIソリューションの検証環境を構築し 評価した結果、シトリックスの採用を決定しました。

「性能面では両製品とも要件を満たしていました が、シトリックスは金融機関での導入実績が豊富 で、大規模運用のノウハウも蓄積されていました。 また、狭帯域・高遅延な環境にも対応できるシト リックスが優れていました」(田中氏)

2015年3月からスタートした導入プロジェクトには、 要件の漏れがないよう営業企画、保険金支払、人事・ 総務など主要ユーザー部門のスタッフも参加。また、 シトリックスのコンサルティングチームも加わり、基 盤・運用設計などの面で支援を行いました。当時に ついてIT推進部 IT企画チーム 課長代理の松田耕 治氏は、「動画再生におけるチューニング方法やタッ チパネル対応PCの動作改善等について、迅速で適 切なアドバイスをいたただきました」と振り返ります。 構築の過程では、シンクライアントPC上で稼働す る業務システムが多いため、アプリケーションの 改修やテストに時間をかけ、最終的にFAT PCの 利用はVDI環境での利用に向かない一部のシス テムを利用する場合に限定することができました。

2016年10月にはVDI基盤の本格稼働を開始。これ に先立ち、2016年6月から約1,000人のパイロット ユーザーにシンクライアントPCを配布して運用面な どをチェック。さまざまな課題を抽出し、これらの問題 点を事前に解消することで円滑な展開を実現しました。

導入効果:テレワークや在宅勤務制度が 全社に浸透し 働き方改革が一気に加速

三井住友海上火災保険がシンクライアント化を実 現したことで、情報漏洩対策の強化や事業継続へ の対応、運用コスト削減などが実現したことはもと より、同社が進めている働き方改革の面でも大き な成果がもたらされました。セキュリティが強化 されたことで、社員がPCを外部に持ち出すことが できるようになり、テレワークなど時間や場所を選 ばず柔軟に働ける環境が実現したのです。

いつでもどこでも業務を行えるようになったことで、 外出した社員がわざわざ会社へ戻る必要もなくなり、 業務効率は大幅に向上しました。さらに同社は、会議 の完全ペーパーレス化を決定。全国300拠点に無線 LANを導入し、ペーパーレスに取り組みやすい環境 を整備しました。その結果、社内の打ち合わせでも紙 の資料を持ち歩くことが減ったといいます。こうした 取り組みが評価され、同社は総務省が主催する2017 年度「テレワーク先駆者百選」に選定されました。 また同社は、2016年10月に在宅勤務制度の見直 しを行い、基幹系の全社員が原則として週2日まで、 業務に支障がなければ週3日以上在宅勤務できる ようにしました。2017年4月には「遅くとも原則 19時前の退社」ルールを導入し、こちらも広く浸透 させています。さらに2018年4月からはワークシェ アリング制度を導入し、育児休暇中の社員が空い た時間に在宅で働けるしくみを設けました。

「育児や介護との両立のため、今では多くの社員 が在宅勤務を実施しています。社員からの評判も よく、『時間が有効に使える』『通勤時の負担が軽 くなった』といった声が届いています」(松田氏) また、シンクライアント化は、損害保険会社としての 社会的使命を果たすうえで大きな武器となってい ます。今年は平成30年7月豪雨、大阪北部地震、台 風21号、北海道胆振東部地震など立て続けに大き な自然災害が発生しましたが、同社では被災された 皆様に一日でも早く保険金をお支払いするため、通 常は事故受付業務に携わっていない社員も現場に 支援に駆け付け全社を挙げて対応しています。こ れまではその要員が使用するPCのセットアップ作 業や現場配備などに数日要していたためタイムラ グが発生していましたが、シンクライアントPCでは、 日常使用しているPCを持ち込むことで直ちに支援 が可能となり、被災・事故受付から保険金支払いま での時間短縮に寄与できていると考えています。

今後のプラン: Windows 10対応および Office 365の導入を検討

三井住友海上火災保険では今後、Windows 7 のサポート終了に伴い、Citrix Virtual Apps and Desktops を活用しWindows 10対応を 行っていきます。これと併せてグループでの横展 開も計画中で、グループシナジーを高めていく予 定です。Office 365などの導入も検討中で、シト リックスとマイクロソフトのシナジーを活かし、シン クライアントPCから利用する環境の構築も進めて います。田中氏は「これからもソフト・ハードの両 面で環境の整備を進め、さらなる働き方改革の推 進に貢献していきます」と語っています。

Citrixについて

Citrix(NASDAQ:CTXS)は、皆様のより良い働き方を推進し、安全な環境でイノベーションを活性化し、お客様との関係を深め、生産性の向上を加速させる統合型ワークスペース、ネットワーキング、アナリティクス・ソリューションを提供しています。
Citrixのお客様は、柔軟な働き方を実現し、IT部門は複雑なクラウド環境下においても、様々なテクノロジーを保護、管理、モニターする単一のプラットフォームを活用することが可能です。
Citrixの製品は、フォーチュン100企業の99%、フォーチュン500企業の98%を含む40万を超える企業や組織で活用されています。 Citrixの詳細については www.citrix.co.jpをご覧ください。

©2018 Citrix Systems, Inc. All rights reserved.
Citrix®、Citrixロゴおよびその他のマークは、Citrix Systems, Inc. および/またはその一つもしくは 複数の子会社の商標であり、米国の特許商標庁および他の国において登録されている場合があります。 その他の社名、商品名はそれぞれの所有者の登録商標または商標です。

シトリックスによるPC のシンクライアント化は 当社の働き方改革に大きく貢献しています
- 田中 誠司 氏

IT推進部 部長

三井住友海上火災保険株式会社

導入前の課題

  • 情報漏洩対策や広域災害時の危 機管理対策等を強化したい
  • PCの展開および運用に関わる負 荷を軽減したい
  • PC を社外に持ち出せるようにし て 、ワ ー ク ス タ イ ル を 変 革 し た い

導入後の効果

  • シンクライアント化によりセキュリ ティを強固にするとともに、広域災 害時の迅速かつ柔軟な対応を実現
  • 集中管理により運用コストを削減 し 、迅 速 な P C の 展 開 を 実 現
  • いつでもどこでも業務ができる環 境 を 実 現 し 、テ レ ワ ー ク や 在 宅 勤 務 など働き方改革を加速

導入製品・サービス