Emory Healthcare、シトリックスの仮想化技術を利用して医師による医療情報へのアクセスを強化

Emory Healthcareは、ジョージア州アトランタのEmory University内のRobert W. Woodruff Health Sciences Centerにある医療機関です。同機関は、ジョージア州最大の医療機関であり、4つの病院と、1000人の医師からなる診療体制、28ヶ所のサテライト クリニック、1万人の職員を擁しています。

Emory Healthcare PDF

課題:IT技術革新の追求により患者ケアを強化

何年もの間、Emory HealthcareはCitrix® XenApp™を使用して、Cerner Millennium®医療アプリケーションからなる仮想デスクトップを医師やその他の職員に配信してきました。アプリケーション仮想化を使用すること は、複数のキャンパスに散らばっている1万台のデバイス上に複雑なソフトウェアを配備し保持するよりもはるかに効率的です。特に重要なのは、XenApp に含まれているCitrix SmoothRoaming™テクノロジにより、医師や看護師が1台のワークステーションから別のワークステーションに移動した場合でも、自分のユーザー 名とパスワードを入力するだけで、いったん中断した自分のセッションを継続できるようになったことです。SmoothRoamingは、患者をケアするい かなる場所でも電子カルテを利用可能にするというEmory Healthcareの目標をサポートするものです。

組織が大きくなるにつれ、ITチームは仮想デスクトップ環境をオンデマンドでスケールアップすることの必要性を感じるようになりました。Emory HealthcareのCIOであるDee Cantrell氏は次のように述べています。「より優れた、より安全な患者ケアの提供を最終目標として、我々はITをより革新的、効率的で、費用対効果 の高いものにする作業に取り組みました」。同機関のチーフテクニカルアーキテクトであるMike Thomason氏はこう付け加えます。「我々は特に、デスクトップ配信のコストを50%削減すること、そして医師のモビリティをさらに高め、問題を迅速 に解決することを必要としていました。我々は、シトリックスとの関係を強化し、追加のシトリックス仮想化ソリューションを活用することにより、これらの課 題すべてに対処することを選択しました」。

新しいシトリックス仮想化ソリューションの追加導入

Emory Healthcareは、Citrix® XenDesktop®を実装することにより、同機関のXenApp環境の拡張を開始しました。プロビジョニングサービスを使用することで、ITチーム は、検証済みで一貫性のあるワークロードイメージを数百台ものサーバーへと数分でストリーミングできるようになり、新しいサーバーを個々に構築する必要は なくなりました。

Thomason氏は、XenDesktopを使用して、中央で一元管理される仮想デスクトップをパワーユーザーへと配信することにより、同ユー ザーがどこにいようとも、情報を必要とする場合には、完全にパーソナライズされた環境と完全な機能を利用できるようにしています。またITチームは、 XenDesktopのデスクトップストリーミング機能を使用して、同機関の画像アーカイビングおよび通信システム(Picture Archiving & Communications System:PACS)を診察部(放射線科など)のワークステーションへとストリーミングしています。これにより、ソフトウェアを各デバイスに配備する 必要をなくしています。

アプリケーション性能監視の容易化、ポリシーベースの制御の実現、シングルサインオン機能の追加を可能にするために、ITチームは、 Microsoft® Windows Server® 2003上でCitrix® XenApp™ Platinum Editionへのアップグレードを行いました。Platinum Editionには、Citrix® EdgeSight®、Citrix® Access Gateway™Enterprise Edition、およびCitrix Password Manager™が含まれています。

ハードウェアコストを削減し、災害復旧計画をサポートするために、Emory HealthcareはCitrix® XenServer™によるサーバー仮想化とEgenera® BladeFrame®、PAN Manager®、EMC™仮想ストレージとの組み合わせを選択しました。

医師向けに情報アクセスを整備

Emory HealthcareのIT戦略の最終目標は、ヘルスケア情報の配信を整備することにより、医療提供者がどこにいようとも、あらゆるデバイスを通じてヘル スケア情報を医療提供者に配信できるようにすることです。シトリックスの仮想化ソリューションは、様々な方法によりこの目標の実現をサポートします。

その1つが、仮想デスクトップへの高速アクセスの提供です。Thomason氏は以下のように説明しています。「Citrix SmoothRoamingは医師や看護師に大きなメリットをもたらしますが、ローミングをより容易にするために、我々は彼らが自分のパスワードを何度も 入力する必要をなくしたいと考えました。Citrix Password Managerが提供するHot Desktop機能を使用することで、彼らは数秒でログオンやログオフが可能になり、患者ケアのためにより多くの時間を割くことができるようになりまし た」。

もう1つは、IT部門の能力を改善し、医師のアクセスに介入する問題の監視、トラブルシューティング、解決を行えるようにすることです。 Thomason氏は以下のようにも述べています。「以前は、医師や看護師がヘルプデスクに電話して問題を伝えた場合でも、我々はデータのトラッキングを 行っていませんでした。現在は、EdgeSight機能を使用することにより、我々は誰が、何を、いつ、どこで、なぜ報告したかを特定できるようになりま した。例えば、特定の画面が電子カルテが最大で1分間停止するという問題が発生しました。我々は、関係者全員-すなわちベンダーおよび我々のチーム―に、 この問題を再現させました。その後、EdgeSightを使うことにより、我々は、これがバックエンドの問題であることを数分で特定できました。以前は、 我々はただ問題の原因を推測することしかできませんでした」。

Cantrell氏は次のように付け加えます。「EdgeSightを使って問題を素早く特定し解決できるようになったことは非常に重要です。なぜなら電子カルテへのアクセスの中断は、患者のケアに直ちに影響するからです」。

XenDesktopの導入により、ITチームは、ユーザーが自分のデスクトップで使い慣れたエクスペリエンスを維持したいという要求―これは生産 性およびユーザー満足度の向上にとって重要です―に応えることが可能となります。Thomason氏は以下のようにも述べています。「XenAppは確か に卓越したソフトウェアであり、XenAppのおかげで職員はどこからでも仕事ができるのですが、一部の職員は従来のデスクトップにあったショートカット のような機能がないことを不満に思っていました。XenDesktopを使うことで、我々は誰もが満足する完全なデスクトップ仮想化環境を提供できるよう になりました」。

ITの効率性を向上させコスト削減を実施

シトリックスの仮想化テクノロジは、中央に管理を一元化することで、ITの効率性と費用対効果を高めます。今やたった一人のIT職員が、350台も のデスクトップの保守を監視し、約150台の仮想サーバーを管理することが可能となっています。また、個々のシトリックステクノロジを他社のソリューショ ンやサポート製品と統合することにより、全体的な時間および手間を削減できます。

Cantrell氏は次のように述べています。「XenAppとXenDesktopにより提供される我々の仮想デスクトップ環境は、 EgeneraおよびEMCの仮想化ソリューションを搭載したXenServer仮想マシン上で稼働しています。この完全な仮想化アーキテクチャにより、 我々は限られた数のITスタッフを維持しながら、我々のデータセンターにおけるハードウェアの台数、電力消費量、その他のオーバーヘッドを削減することが 可能となっています」。例えばXenServerは、1台のブレードサーバー上で最大15の仮想サーバーを稼働させることができます。仮想化以前の環境で は、1台のブレードサーバーは1台分の働きしかできませんでした。

IT効率性およびコスト制御を実現するためのキーとなるソリューションは、サーバープロビジョニングです。Thomason氏は次のように述べてい ます。「我々は、個々のサーバーワークロードのインストール、構成、テストにかかるコストを削減するためにプロビジョニングサービスを選択しましたが、こ の機能はそれ以上のメリットを我々に提供しています。この機能により、仮想デスクトップ環境をスケールアップすることが非常に容易になりました。我々が 10~15台の追加サーバーを必要とする場合でも、迅速で一貫性のある構築プロセスが可能です。これは、災害復旧計画などの組織的なニーズを満足させるた めの優れた俊敏性を我々に提供します」。

Thomason氏はさらに次のように付け加えます。「XenAppの次期バージョンへとアップグレードする場合でも、プロビジョニングサーバーを 使えば、まさに我々のサーバーをリブートするだけで、新しいソフトウェアを使えるようになります。各マシンにアップグレードをプッシュする必要はなくなり ます。これはシトリックスが提供する優れたパワーの一例です」。

仮想化のための戦略的パートナー

Emory Healthcareが仮想化環境を拡張するにあたり、IT部門は、シトリックスとの関係を強化するよう主張しました。これには、新しい製品のパイロット 化およびロールアウトをサポートするためにシトリックスのテクニカルアカウントマネージャーを1名雇うことが含まれていました。

Thomason氏は次のように述べています。「複雑さを減らしコストを縮小するために、使用するベンダーの数をできるだけ少なくし、各ベンダーと 戦略的な関係を作り上げることが我々の狙いです。シトリックスは仮想化分野における最も戦略的なパートナーです。なぜなら、同社は必要なものは何でも提供 するからです。仮想化製品の完全なスイートを提供しているベンダーは他に存在しません」。

最後に、Cantrell氏は次のように結論付けました。「シトリックスは我々がITに関して行うほとんどすべてのことに関する基本的なパートナー です。我々は、医師がどこにいようと、あらゆるデバイスを通じて情報にアクセスできる、セキュアで信頼性の高い堅牢なインフラストラクチャを持つ必要があ ります。シトリックスはこれを実現するための大きな役割を担っています」。

シトリックスは我々がITに関して行うほとんどすべてのことに関する基本的なパートナーです。我々は、医師がどこにいようと、あらゆるデバイスを通じて情報にアクセスできる、セキュアで信頼性の高い堅牢なインフラストラクチャを持つ必要があります。シトリックスはこれを実現するための大きな枠割を担っています
- Dee Cantrell氏

CIO

Emory Healthcare

主なメリット

  • 医師がどこにいようとも仮想デスクトップの配信を可能にすることにより、患者ケアと安全性を強化
  • ハードウェアの台数、オーバーヘッド、管理コストを削減
  • 組織的な目標をサポートするIT技術革新を実現
  • IT効率性を向上させると共にレスポンスを改善

配信アプリケーション

  • Cerner Millennium医療システム
  • Microsoft® Office Suite
  • Siemens® Picture Archiving & Communications System(PACS)

ネットワーク環境