ANAグループで11,000アカウントを導入し「働き方改革」を実現。IT基盤として仮想デスクトップシステムを採用し、場所や端末に左右されないワークスタイルを確立

「安心と信頼を基礎に世界をつなぐ心の翼で、夢にあふれる未来に貢献します」という経営理念に基づき、「お客様満足や価値創造で世界のリーディング エアライングループになる」という経営ビジョンの実現に取り組む全日本空輸(ANA)。グループの運航会社である、ANA、ANAウイングス、エアージャ パン、LCCのバニラエアの4社を中心に、営業から予約、接客、機内食、清掃、手荷物運搬、機材のメンテナンス、貨物対応までのグループ会社が協力するこ とで、事業とブランドのさらなる発展を目指しています。

2014年3月30日に羽田空港国際線の昼間帯発着枠が拡大されたことから、ロンドン、パリ、ミュンヘン、バンクーバー、ハノイ、ジャカルタ、マニ ラ線を新設。既存便も含め、世界17地点に1日23便が就航しています。こうした事業規模の拡大にあわせ、会社の仕組みの抜本的な改革を推進。オフィスの ファシリティスタンダード導入と連動して、ワークスタイルの変革を目的に、Citrix® XenDesktop®を基盤とした仮想デスクトップ環境を導入し、場所や端末にとらわれない働き方を実践しています。

全日本空輸 PDF

導入の背景:社外や自席などの場所や端末にとらわれない、 情報の活用と現場コミュニケーションの活性化

ANAではこれまで、グループ会社ごと、各社部門ごとに、経営企画や人事部門などの主導により働き方の改善に取り組み、成果を上げてきました。 2012年には、それまで「IT推進室」と呼ばれていた部署名を「業務プロセス改革室」に変更。グループ全体をリードする立場で、現場コミュニケーション のさらなる活性化や情報活用を可能にする働き方改革を実施し、意思決定の迅速化や業務生産性の向上に取り組むこととなりました。

業務プロセス改革室では、全社で取り組んでいたファシリティ再編にあわせて、内線電話をスマートフォンに移行したり、Wi-Fi環境を導入したりす ることで、オフィスのフリーアドレス化にも対応可能なオフィス環境を整備してきました。業務プロセス改革室 イノベーション推進部 業務イノベーションチーム(当時) リーダーの小林 広典氏は、「従来、社内の業務環境は、自席や自分のPCにしばられて機動性がなく、現場でのコミュニケーションが取りづらい状況にありました。そこで、社 内環境を外に持ち出す発想ではなく、社外で通常利用している環境(コンシューマIT)を社内に持ち込む、例えば外出先で必要となればコーヒーショップに立 ち寄ってすぐに仕事ができる、そういった機動性の高い働き方、IT環境を社内でも実践したいと考え、そのための仕組みがどうあるべきかを検討しました」と 話します。このコンセプトを掲げた背景を小林氏は、次のように語ります。「社員が、プライベートでは能動的に個人所有の端末を使って飲食店などの情報をす ぐに取得できるのに、なぜ社内では情報に対して受動的になってしまい、必要な情報を見つけようとしないのかが疑問でした。検討の結果、自席にしばられずに 現場で積極的なコミュニケーションが取れることや、プライベートで使っている最新の端末やIT環境といったいわゆるコンシューマITを業務でも活用できる ようにすることが重要なのではと考えました。これらを実現するために働き方改革が必要であり、IT基盤としてデスクトップ仮想化が有効であると判断しまし た」

技術的な観点について、業務プロセス改革室 企画推進部 企画・業務チームの高島 志郎氏は、「システム担当者としてシステムを構築するときも、ユーザーとして使用するときも、常に新たな発見があり、新しいアイデアが生まれる "最先端のエキサイティングな"仕組みを選びたいと思っていました。一方、業務で使うシステムですから、堅牢性や信頼性、安全性も不可欠です。先進性と堅 実さを兼ね備えた仕組みという観点でデスクトップ仮想化を検討しました」と話します。

ソリューション:XenDesktopを基盤としたDaaSを採用。
シトリックスのビジョン"ワークスタイル変革"にも共感

ANAでは、2011年よりデスクトップ仮想化の検討を開始。約2年かけてトライアルなどを繰り返し、仮想デスクトップ基盤としてXenDesktopおよびCitrix NetScaler®の採用を決定します。その後、2013年1月よりシステムの構築を開始し、2カ月後の3月よりパイロット使用を開始。まずは約3,000アカウントで、仮想デスクトップ環境の運用を開始します。

XenDesktopおよびNetScalerの採用を決めた理由を高島氏は、次のように語ります。「シトリックスは、ビジョンとして"ワークスタ イル変革"を掲げており、このビジョンはわれわれが目指す方向性と合致していました。もちろん、製品機能やコスト、サポートなども総合的に判断して、採用 を決めています」。

ANAのデスクトップ仮想化環境には、新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)が展開する、XenDesktopを基盤とした DaaS(Desktop as a Service)「M3DaaS@absonne(エムキューブダース@アブソンヌ)」が採用されています。利用者は、会社支給、個人所有に関わらず、使 い慣れた端末をインターネットに接続し、NetScaler を介して社内システムに安全にアクセスすることができます。

NSSOLのDaaSを採用した理由を、高島氏は、「豊富な導入実績と十分なサポート体制を評価して決めました」と話します。

小林氏は、「部署の一部で利用するのではなく、11,000アカウントを想定した、グループ会社も含めたすべての部門で利用する大規模な仕組みなので、それをきちんと支えることができるデスクトップ仮想化環境であるかどうかが、最大の評価ポイントでした」と話します。

また操作性について高島氏は、「電源を入れればすぐに使え、直感的に操作できることを目指しています。
こだわった点の一例としては、セキュリティ向上のために2要素認証を採用していますが、ネットワークへの接続と仮想デスクトップへのログインを1画面に し、ユーザーの操作性を向上させたことです。利用者には、Citrix Receiver™のインストール方法とログイン用のURLの2つだけを案内していますが、スムーズに運用できています」と話しています。

導入効果:場所や端末に左右されないワークスタイルを確立し、現場でのコミュニケーションも活性化。
業務生産性を向上し、在宅勤務への適用やBYODも実施

デスクトップ仮想化環境を導入したことで、社外、社内の自席や自席以外といった働く場所や使える端末の制約がなくなり、現場主義の強化とコミュニ ケーションの活性化、必要な情報を迅速に活用できる環境を実現することができました。さらに、仮想デスクトップにより、在宅勤務時の利便性の向上や BYODも実践できています。

たとえば、デスクトップ仮想化環境を導入する前の在宅勤務では、自宅から自席のPCへリモートアクセスはできましたが、課題もありました。現在、在 宅勤務制度を利用して子育てと仕事を両立している、業務プロセス改革室 イノベーション推進部 業務イノベーションチームの吉元 恭香氏は、「リモートアクセス専用の端末を会社から持って帰り、会社のPCの電源も入れておく必要があったため、急に使いたい場合には対応できませんでし た」と当時を振り返ります。

今回仮想デスクトップ環境が使えるようになったことで、「オフィスでの業務中に、急な現場との打ち合わせが入った場合は、一旦作業を中断して外出し ますが、打ち合わせ終了後は、その場で仮想デスクトップにアクセスすることで中断した作業をすぐに再開できるので、業務効率が大幅に向上しました。また、 感染性の疾患にかかってしまったときには回復しても、感染の恐れがなくなるまで出社することができなかったのですが、仮想デスクトップで自宅から仕事がで きたため、ブランクを最小限にすることができました」と吉元氏は語ります。

吉元氏はさらに、「デスクトップ仮想化環境の操作は、認証の回数が少し増えるだけなので、とくに難しさは感じませんでした。在宅勤務が今まで以上に 活用できるようになり、むしろ楽しさを感じています。ただし上司のサポートを常に受けられる訳ではないので、作業時間の配分や勤務管理など、社員の自律性 が求められます。結果的に、より作業効率を意識して仕事に取り組むようになりました」と話します。

またBYODへの取り組みについて小林氏は、「現状は、会社から端末を支給していますが、BYODも許容しています。端末を自由に選べることもデス クトップ仮想化のメリットです。セキュリティ面も安全ですから、もはや私物端末の利用を止める理由はありません。そこで、福利厚生も含めたBYODの制度 化なども検討しています。将来的にはBYODの割合を増やしていきたいと思っています」と話します。

一方、ファシリティスタンダードの側面でのデスクトップ仮想化環境の導入効果を、小林氏は次のように語ります。「フリーアドレスに対応したIT環境 を実現できたことで、ファシリティ再編におけるスペース効率を向上させることができました。また、デスクトップ仮想化の導入当初からペーパーレス化を意識 した働き方を提案することにより、印刷コストの削減とともに、本社では資料の保管場所を約50%削減できました。さらに雪や台風といった悪天候の場合には 在宅勤務ができるので、社員の安全はもちろん、業務の効率性も確保できます」。

ANAでは、これまでのシステム構築の延長線上でデスクトップ仮想化環境を構築するのではなく、働き方そのものを改革するというダイナミックなス テップアップを目指しています。小林氏は、「一般的に大きく業務環境を変えると社内の抵抗がありますが、ここ数年の中で、会社全体でワークスタイルを変革 しようという意識が高まっていたことから、好意的に受け入れてもらえました。 "うちの事業所にはいつ導入してくれるのか"という問い合わせが増えるなど、期待が大きくなっています」と話しています。

今後のプラン:11,000アカウントの利用を想定して「働き方改革」を加速

ANAでは、現在、本社を含めた国内およびアジア地域の10拠点超の事業所で仮想デスクトップを利用しており、他の事業所でも順次利用を拡大してい ます。2016年までには11,000アカウントに拡大し、働き方改革を加速する計画です。そのためには、これまで構築してきた既存の業務アプリケーショ ンを、いかにデスクトップ仮想化環境にスムーズに移行できるかも重要なポイントになります。

高島氏は、「これまでは共通の仮想デスクトップイメージを利用者に提供してきました。次に取り組んで行かなければならないのはパワーユーザー対応で す。既存の業務アプリケーションのうち、仮想デスクトップ環境で使うことの効果がより大きいものから、順次対応していきたいと思っています」と話します。

一方、小林氏は、「今後も進化を続けるコンシューマITのスピード感に当社の働き方改革を直結させていくことが必要だと考えています。そのために、 XenDesktopやNetScalerの機能の追加や拡張を含め、シトリックスやNSSOLのサポートには、大きな期待を寄せています」と話していま す。

フリーアドレスに対応したIT環境を実現できたことで、ファシリティ再編におけるスペース効率を向上させることができました。また、デスクトップ仮想化の導入当初からペーパーレス化を意識した働き方を提案することにより、印刷コストの削減とともに、本社では資料の保管場所を約50%削減できました。さらに雪や台風といった悪天候の場合には在宅勤務ができるので、社員の安全はもちろん、業務の効率性も確保できます
- 小林 広典 氏

業務プロセス改革室 イノベーション推進部 業務イノベーションチーム(当時) リーダー

全日本空輸株式会社

導入の背景

  • 場所や端末に左右されない、機動性のある働き方の実現

ソリューション

  • シトリックスのビジョン"ワークスタイル変革"と、機能、コスト、サポート面を考慮し、XenDesktopNetScalerを採用
  • 豊富な導入実績を評価し、NSSOLのDaaS M3DaaS@absonne)を採用

ベネフィット

  • 場所や端末に制約されない、迅速な情報活用の実現
  • 現場主義の強化とコミュニケーションの活性化
  • 在宅勤務での活用
  • BYODの実施

導入アプリケーション

  • Google Apps
  • Microsoft Office
  • 社内ポータル
  • ウェブ対応業務アプリケーション