Windows

Displaying 10 of 41 posts

In Action! Windows Continuum with Citrix XenDesktop

Check out this new Windows Continuum virtual desktop demo … powered by XenServer and XenDesktop. XenDesktop — with XenServer — …

XenDesktop Essentials & XenApp Essentials Now Available in Azure Marketplace!

Today marks a monumental milestone for the Citrix and Microsoft partnership. Citrix XenDesktop Essentials Service and Citrix XenApp Essentials Service…

“You’ll Shoot Your Eye Out!” & The Goodness of Windows Server 2016

Remember Ralphie Parker? He was the kid from the movie “A Christmas Story.” Remember his eye-twinkling obsession with convincing everyone…

What Does Windows Server 2016 Day 1 Support Really Mean?

OK, it should come as no surprise to anyone that Microsoft is readying to release Windows Server 2016. I mean,…

Receiver for Windows 4.5 is Now Available!

Receiver for Windows 4.5 is available for download now. This release supports the Windows 10 anniversary update and adds important…

Synergy Showdown: A Battle of Technical Titans

In my best Michael Buffer impersonation (and it is a pretty good one): “Ladies and gentlemen, let’s get ready to…

There’s a Release Date at the End of This Post

Hellooooooooo, EVERYBODEEEEEEEE! There is much speculation on the Windows Server 2016 official release date. From Sesame Street’s beloved children’s story,…

Improved User Experience: Hardware Decoding for Citrix Windows Receiver

Today, the demand for 4k screen resolutions and multiple monitors has increased with various users like graphic designers, financial traders,…

XenApp/XenDesktopネットワーク切断後の再接続時の動作

XenApp/XenDesktopは当たり前ですがネットワークに接続しないと利用することができません。最近ではワイヤレス回線で利用することが一般的になりました。その場合に場所を移動しながら利用することもあるでしょう。ワイヤレス回線ではネットワークが不安定になり一時的に切断されることは避けられません。 XenApp/XenDesktopにはこのようなネットワーク切断が発生した場合の作業生産性を低下させないために、利用者からシームレスに再接続する機能があります。この時、セッション画面の保持(Session Reliability)機能とクライアントの自動再接続(Auto Client Reconnection)機能という二つの機能が連携して動作します。 セッション画面の保持機能は、ネットワーク切断時に仮想アプリケーション、デスクトップの画面を表示しつつ、バックグラウンドで再接続を行います。仮想アプリケーション、デスクトップ側のセッションもアクティブのまま一定時間保持されます。よって利用者はネットワーク接続復旧後に速やかに作業に戻ることができ、生産性を低下させません。 クライアントの自動再接続機能はネットワークの影響などにより利用者が意図せずセッションが切断された時に、バックグラウンドで再接続を試みます。クライアント(Receiver)はリモートから認証済のCookieを受け取り、これを利用することで利用者は一定時間再認証することなく再接続が自動で行えるので手間なく作業に復帰することができます。 この二つの機能はデフォルトで有効です。ネットワーク切断時には最初にセッション画面の保持機能が動作します。一定時間経過しても再接続できない場合は、セッションが切断されます。その後、クライアントの自動再接続機能が動作し、その切断セッションへの再接続を試みます。 再接続時のユーザーエクスペリエンスは仮想アプリケーションか仮想デスクトップか(Desktop Viewerを利用しているか)で若干異なります。 Citrix Receiver for Windowsではバージョンアップ毎に若干変更がありますが、ここでは現時点で最新のCitrix Receiver for Windows 4.3.100での場合をご紹介します。 仮想デスクトップ(Desktop Viewerを利用している)の場合…

Linux VDA Internationalization (UTF-8)

In the history of computing, one aspect that has eluded capture is a consistent encoding scheme. There have been many…

Show More Loading