StoreFront

Displaying 10 of 29 posts

ヘルプデスクの強い味方!? 注目の新機能”セルフパスワードリセット”

9月14日、XenApp 7.11 / XenDesktop 7.11がダウンロード可能となりました。本リリースの特徴として、Windows Server 2016対応や、Azure Resource Manager対応といったMicrosoft社との連携強化が挙げられますが、管理面でも見逃せない機能が追加されています。本ブログではその機能の一つ、”セルフサービスパスワードリセット”を、設定例を含めてご紹介します。 パスワード入力ミスでアカウントロックされた!!そんなとき… PCへのログオン、ECサイトで買い物、銀行口座の残高を確認…私たちは毎日様々なシーンでパスワードを聞かれます。多くのケースでは共通のパスワードを使っていることもあるかもしれません。しかし、企業内のネットワークにアクセスする際に求められるパスワードに関しては、その企業のセキュリティポリシーに則り、定期的なパスワード変更を強制していることが多いかと思います。 そんな時に起こるのが、「あれ?このパスワードじゃなかったかな?」と何回もパスワードを入力し、しまいにはアカウントロックされてしまう事故です。(私も何回か経験があります…) 哀れなユーザーは、その度に申し訳ない気持ちでヘルプデスクにアカウントロック解除依頼の連絡をする羽目になります。 ある調査によると、アカウントロック解除やパスワード変更への対応はヘルプデスク業務全体のおよそ30%を占めるそうです。 アカウントロック解除やパスワードリセットをユーザーが行う “セルフサービスパスワードリセット”は、StoreFrontのログイン画面で、「セキュリティの質問」に回答することで、ユーザー自身でパスワードリセットやアカウントロック解除ができる便利な機能です。 この機能は以前からあったのですが、XenApp 6.5でサービスを配信させる必要ありました。今回のリリースでは機能を独立させ、XenApp 6.5のコンポーネントを不要としています。 事前準備…

Self-Service Password Reset for FMA!

Earlier, this year, we announced Self Service Password Reset with StoreFront 3.5. As you may recall, I pitched this as…

Deploying SAML Authentication with ADFS for Federated Authentication Services

More and more Citrix partners and customers are gaining the benefits of using SAML authentication in conjunction with Active Directory…

StoreFront Authentication SDK Update

At Citrix Synergy 2016, we announced an update to the StoreFront Authentication SDK that enables you to say YES to…

Low-Cost Desktop Virtualization is as Easy as Citrix HDX Ready Pi

The Business Desktop PC Is About to Be Displaced by a Pi Citrix HDX Ready Pi is about to disrupt…

Announcing Citrix Connector 3.1 for Microsoft SCCM!

Since Citrix released the first ConfigMgr 2012 Connector for XenApp and XenDesktop in 2014, admins have benefited from the integrated…

SAML Authentication Technology Preview for XenApp and XenDesktop

I am pleased to announce a technology preview of SAML authentication for XenApp and XenDesktop running on top of version…

Zones, Latency and Brokering Performance

With the addition of Zones in XenApp/XenDesktop 7.7, I wanted to dig a little more into the impact of latency…

仮想デスクトップへのリモートアクセス時に最適なゲートウェイを設定する

過去二回の記事で(一回目、二回目)、災害対策でクラウドを含めた複数のデータセンターを利用する際の注意点について書きましたが、大規模な仮想デスクトップのコンサルティング案件を実施させていただく中で近年よく含まれる要件が仮想デスクトップへの社外からのリモートアクセスです。 リモートアクセスの要件としては、通常業務でのモバイル利用を行う場合に加えて、最近では、パンデミック時や災害時を想定し自宅から利用させる場合なども増えてきました。後者の場合は DR 発動時にも社外からのリモートアクセスが必要となりますので、複数のデータセンターにリモートアクセスのゲートウェイを設けることになり構成に工夫が必要になります。 StoreFront の最近のバージョンからは、リモートアクセスに用いる NetScaler Gateway が複数ある場合に最適なゲートウェイを設定するための機能が追加されています。以下ではこの機能を用いて、複数のデータセンターがある場合のリモートアクセスについてまとめたいと思います。 ■シングル構成 片方のデータセンターのみのシングル構成 データセンターは複数あるが、社外からのリモートアクセスのゲートウェイはどちらかにしかない、という構成です。予算の都合などでよくありがちな構成なのですが、この場合データセンターAが被災した場合にリモートアクセスはできなくなってしまいます。 また、通常の通信も、リモートアクセスのゲートウェイが無いデータセンターへのアクセスはデータセンター間をまたぐ通信となり、データセンター間回線の帯域使用量が増加します。また、ホップ数が増加することに伴う遅延なども想定されます。 ■データセンターごと構成 データセンターごとの構成 データセンターごとに社外からのリモートアクセスのゲートウェイを用意する構成です。この構成では、データセンターBに自分のデスクトップがあることをユーザーがわかっている場合はデータセンター内に閉じた通信とすることができます。 ただし、「大阪のユーザーは関西のデータセンター」のようにわかりやすく決まっておらず、「社員番号が奇数のユーザーは関西のデータセンター」のように機械的に割り振ってユーザーには所属データセンターを通知していないような場合には、ユーザーが選択することができないため、データセンターまたぎの通信となる場合が出てきてしまいます。 これを防ぐための機能が、StoreFront の Optimal…

XenMobile 10.1 in SSL Bridge Mode with StoreFront-Domain+Cert Auth

The intent of this post is to enable deployment of XenMobile 10.1 along with NetScaler Load Balancing Virtual Servers configured…

Show More Loading