HDX

Displaying 10 of 98 posts

Citrix and Skype — More Than Just Hype

We’ve said it before – Skype for Business is quickly becoming the communications standard for the modern workplace. Whether it’s…

Adaptive Transport for Video, Apps and Data: The Difference is Clear

Latency directly impacts the overall user experience. Latency is such a detriment to user experience, that Derek Thorsland wrote a…

HDX.next Cuts Bandwidth by Up To 60%. Yes: SIXTY PERCENT!

HDX.next cuts bandwidth by up to 60%. You read that right: sixty percent! If you’ve read any of my other…

Now Available: Receiver 12.4 for Mac with Support for Adaptive Transport

People who use Macs to access XenApp and XenDesktop now have access to the most advanced Citrix technology: the latest…

A Year Later: The Citrix-Microsoft Joint Solution for Virtualizing Skype for Business

Version 2.2 of the Citrix-Microsoft co-developed HDX RealTime Optimization Pack for Skype for Business is now available.

Overcoming Latency to Serve a Global User population

HDX with Adaptive Transport is part of an end-to-end latency reduction approach providing users of Cloud-hosted apps and desktops a snappy, delightful and productive experience.

Citrix Linux VDA 7.12 adds support for Ubuntu!

The new Linux VDA 7.12 is released with XenApp and XenDesktop 7.12. This release adds support for Ubuntu 16.04, IPv6,…

Take a Look Under the Hood of Next-Generation HDX

This month’s XenApp and XenDesktop 7.12 release includes a preview of the next-generation data transport layer for HDX, engineered for Cloud computing. We’ve carefully selected techniques that were previously available only with Framehawk to boost throughput on high-latency network connections for all ICA virtual channels.

Citrix Receiver for Windows 4.6 is Available Now!

Receiver for Windows 4.6 is available now with new capabilities like adaptive transport support in HDX, HTML5 video redirection, SNI…

HDX画面転送モードアップデート 2016/10版

XenApp/XenDesktop 7.11がリリースされました。HDXの画面転送モードの観点から7.6FP3(LTSR)から7.9、7.11と強化されましたのでここで再度整理したいと思います。 XenApp/XenDesktopといえば古くからICAプロトコルを利用した画面転送性能が特徴です。現在は様々なOS環境、ネットワーク環境、クライアントデバイスなどの要件に対応するために複数の画面転送オプションを用意しています。その画面転送モードは大きく3つになります。Thinwireがデフォルトでそれ以外を利用する場合はポリシーで設定します。 Thinwire メインの画面転送モード。世代の古いクライアントとの互換性もある。 Framehawk 高遅延、高パケットロスのネットワーク環境でのエクスペリエンスを高める。UDPでの転送 DCR DCRはWindows 7以降のエアロ、デスクトップコンポジションの描画をクライアントにオフロード  Thinwireは更新される画面領域をそれぞれのコンテンツに適した圧縮方式で転送します。またサーバー側で描画される動画についてはネットワーク状況にあわせて画質とフレームレートを自動で調整するようになっています。この動画の圧縮に関しては2種類あります。 一つがH.264によるビデオコーデックによる圧縮、もう一つはJPEGベースによるビデオコーデックを使わない圧縮方法です。ビデオコーデックを利用すると動画再生に関してのエクスペリエンスが最適化されます。しかしながらその分サーバーCPUの利用率があがります。またクライアント側でもH.264のデコードが行える必要があります。後者においては動画のエクスペリエンスは若干下がりますが、CPU使用率が最適化されます。 XenApp/XenDesktop 7.6FP3(LTSR)の場合 XenApp/XenDesktop 7.6FP3(LTSR)から「圧縮にビデオコーデックを使用する」ポリシーで、ビデオコーデックによる圧縮の有効化無効化を選択することにより、サーバー再生での動画のエクスペリエンスをとるかサーバスケーラビリティをとるかを選べるようになりました。デフォルトは「可能な場合はビデオコーデックを使用する」ですが、HDX MultimediaリダイレクションやFlashリダイレクションを使うことによる動画のクライアント再生機能もあることから、「ビデオコーデックを使用しない」こともご検討ください。 (重要)「従来のグラフィックモード」ですが、こちらはWindows 7かWindows Server…

Show More Loading