AppDNA

Displaying 10 of 290 posts

AppDNA: Your Secret Weapon for Preventing Attacks

In recent blog posts, we have talked a lot about how to prevent attacks from happening and how to make…

The Day I Got Called to HR

The following is a tale from the annals of “Things That Can Go Wrong in IT, but That Didn’t Actually…

No Tricks, Just Treats at Microsoft Future Decoded

Join Citrix in booth #14 at Microsoft Future Decoded, the event dedicated to inspiring, designing and building digital businesses.

What Does Windows Server 2016 Day 1 Support Really Mean?

OK, it should come as no surprise to anyone that Microsoft is readying to release Windows Server 2016. I mean,…

Citrix vs. VMware Webinar: Your Questions Answered

On September 14, 2016, I hosted a webinar with John Mitchell, Senior Systems Administrator, WellSpan Health. The name of the…

AppDNA 7.11: Added Security & Server 2016 RTM Reporting

Server 2016 and Enhanced Security Reporting The release of XenDesktop 7.11 comes with the new version of Citrix AppDNA with…

Streamline Application Delivery & Lifecycle Management with Citrix and Unidesk

Kirill Tatarinov, the CEO of Citrix recently outlined the company’s strategy in his post Sharing Our Vision for the Future.…

3 Windows 10 Challenges Every DOD Agency Should Consider

Back in November of 2015, Terry Halverson, CIO at the Department of Defense, published a memorandum mandating the rollout of…

VM Hosted Apps: VDIで仮想アプリケーション?

Windows 10がリリースされてから約一年が経ちますが、そろそろWindows 10への移行を検討されているお客様も多いと思います。その際に問題になるのが、アプリケーションの互換性です。今まで例えばWindows 7上で利用していたアプリケーションがそのままWindows 10で利用できるかということです。このようなその問題の解決の手段のひとつとして仮想アプリケーションの利用が考えられます。 仮想アプリケーションというと、WindowsサーバーOSで実行されたアプリケーションを、複数ユーザーが仮想セッションでサーバーリソースを共有しながらリモートから画面転送で利用することが一般的かと思います。このためサーバーOS上で利用したいアプリケーションが動作するかが問題になります。つまり、Windows 10でのアプリケーション互換性対応に仮想アプリケーションが有効であるものの、このためにはサーバーOSでのアプリケーション互換性が課題になってしまうのです。シトリックスのXenAppを利用する場合、AppDNAによる互換性チェックや、App-Vを使った仮想パッケージを組み合わせることで互換性を高めることが考えられます。 ただ、それでもどうしてもサーバーOS上で動作しない、また必要なリソースなどの問題でサーバー実行が適さない、もしくは動作検証のための時間がどうしてもないなどの場合にXenApp/XenDesktopで可能なもう一つのオプションがあります。それがVM Hosted Appsです。 XenApp/XenDesktopで面白いのは、サーバーOSであろうとデスクトップOSであろうと、利用者に実行環境を問わず、仮想デスクトップでも仮想アプリケーションでも提供できるところです。簡単に言うと、アプリケーションを利用する場合に、デスクトップを表示するかしないかの違いといってもいいでしょう。VM Hosted AppsはWindows 7などのデスクトップOSで実行するアプリケーション画面だけをクライアントデバイスで表示操作するための技術です。このためサーバーOSだから動作できないという問題はクリアすることができます。 例えばWindows 10へのデバイス移行を検討しているが、Windows 7でしか現状動作しないアプリケーションがあった場合、一般的にはWindows 7のVDIを導入し、Windows 10のローカルデスクトップからWindows 7のVDIの仮想デスクトップ上でそのアプリケーションを利用することが考えられます。この場合、2つの異なるデスクトップ(Windows…

Automated Security Analysis with Citrix AppDNA

In an increasingly security-focused world, it is becoming critical to ensure that all deployed applications are secure and compliant. While…

Show More Loading