Citrixは2016年、 統合管理監視ツールであるNetScaler MAS、 コンテナベースADCであるNetScaler CPX等の新製品を相次いでリリースしています。仮想ADCアプライアンスに関してもラインアップの大幅な拡充を進め、この度NetScaler VPX 100Gを正式リリースしました。これは特にNFV/SDNへの移行を推進ないし検討されている通信事業者様にとって、非常に大切なマイルストーンであると考えています。

今回は10月10日に本社NetScaler製品管理部門のディレクタであるZheng Wangがポストした「100Gbps NetScaler VPX Turbocharges NFV/SDN for Telco Operators」の概要を日本語でご紹介します。

NetScaler VPX 100Gが与えるインパクトとは?

仮想ADC自体は世に出てから久しく、今では多くのベンダが提供しています。しかし仮想ADC単体のスループット性能はせいぜい10Gbps程度までと決して高いものではありませんでした。エンタプライズのお客様が導入される場合には充分な性能である一方、通信事業者や大規模なサービスプロバイダのお客様がADCを仮想化してコアのインフラに導入する上では、この性能の不足が課題となっていました。

「2016 Cisco Visual Networking Index(VNI)Forecast」によると、モバイルのデータトラフィックは2015年~2020年までの間に8倍、年平均の伸び率に換算して53%に達するとされています。5GとIoT技術の普及が進むと、接続デバイス数とモバイルデータトラフィック量共に一層の増加が見込まれます。

この流れと並行して、通信事業者のお客様がネットワークアーキテクチャの仮想化を検討、推進される中で、100Gbpsに対応するネットワークの構築が必要となっています。

NetScaler VPX 100Gは、業界初となる、100Gbpsのスループット性能を提供する仮想ADCです。NetScalerが信条とする「Software First」のコンセプトに基づいた開発、独自の優れた高並列処理、及びマルチコアプロセッサのパフォーマンスを最大化する超低遅延のパケットエンジンアーキテクチャこそが、この新製品の提供に一早く漕ぎ着けた理由に他なりません。

NetScaler VPX 100Gにより、次世代のネットワークやデータセンターをNFV/SDN上に構築することができます。予測が容易ではない将来のトラフィック増にも、一層柔軟に対応可能となります。

またNetScalerは、TCP最適化、画像最適化、CGNAT、トラフィックステアリングなどのネットワーク機能仮想化(VNF)を実装しています。これらの機能を利用すると、エンドユーザの体感品質や無線ネットワークの利用効率を向上させることが可能です。通常、上述の各機能は数十~数百Gbpsで動作するコアネットワークのデータプレーンに導入されます。NetScaler VPX 100Gは、そのデータプレーンにおけるNFV/SDN化をより現実のものとする上で、一つの重要な役割を担うと考えています。

最後に、2016年6月にリリースしたDockerコンテナ上で動作するADC、NetScaler CPXがサービスプロバイダのお客様の間で、徐々にご評価を頂いている点も申し添えたいと思います。NetScaler CPXを利用すると、マイクロサービスアーキテクチャの実現やアジャイルアプリケーションの開発が可能になります。通信事業者のお客様が、モバイル加入者向けのアプリケーションやサービスを迅速かつ容易に開発、提供する方法を模索される中で、コンテナ利用のアプローチの柔軟性とオーバーヘッドの低さにご注目頂いています。

NetScaler CPXの評価版はwww.microloadbalancer.comからもダウンロード頂くことができます。是非お試し下さい。

blog-banners-footer-4