2015年5月12日より Microsoft Azure のマーケットプレイス上で、NetScaler VPX が提供開始になりました。

提供方法はBYOL(Bring Your Own License)で、VPX 10, 200, 1000 がご利用いただけます。

導入までの4つのステップ

1. Citrix の販売代理店より、NetScaler VPX のライセンスを購入します

販売代理店はこちら

2. Microsoft Azure マーケットプレイスより NetScaler VPX を検索します

3. Microsoft Azure のウィザードに従って、NetScaler のVM を構築します

4. 購入したライセンスをインポートします

Microsoft Azure での制限事項

1. Microsoft Azure では、NetScaler の以下の機能はサポートしていません。

  • Clustering
  • IPv6
  • Gratuitous ARP (GARP)
  • L2 Mode
  • Tagged VLAN
  • Dynamic Routing
  • Virtual MAC (VMAC)
  • USIP
  • GSLB
  • CloudBridge Connector

2. マルチNICではなく、シングルNICでご利用することを推奨しております。 マルチNICにはいくつかの機能制限があります。詳細は下記をご参照ください。http://azure.microsoft.com/blog/2014/10/30/multiple-vm-nics-and-network-virtual-appliances-in-azure/

※  システム要件として、2 core 以上、2 GB メモリ以上が必要になります。  VPX のシステム要件になります。

——————————————————————————————

関連資料

NetScaler製品情報

NetScaler on Microsoft Azure 導入ガイド(eDocs) ※英語でのドキュメントになります

ワークスタイル変革ポータル