サーバーの仮想化を実現する XenServer、デスクトップの仮想化である XenDesktop、アプリケーションの仮想化はXenApp とこれまで仮想化を推進してきたCitrix が次に乗り出すのは、WANの仮想化技術です。このWANの仮想化のソリューションは、これまでWAN最適化を提供してきたCitrix CloudBridge で提供を開始します。

Citrix CloudBridge は、従来の ”WAN最適化” ソリューションと “WAN仮想化”ソリューションの2つのエディションで提供されます。

エンタープライズWANの課題

VDI(Citrix XenDesktop®を含む)、アプリケーション仮想化(XenApp®を含む)、VoIP、ビデオ会議、ERP、CRM などのビジネス上のミッションクリティカルなアプリケーションの利用の増加がWAN回線を圧迫してきています。それ故に、いかにコストを抑えつつ、WAN回線を増強するかがエンタープライズWANの課題になっています。また、コストだけを考えるのであればIP-VPN、広域イーサネットのような閉域網ではなく、安価なインターネット回線を利用するのも一つの解かもしれません。しかしながら、ビジネス上の重要なアプリケーションをパブリックでベストエフォートサービスのインターネットで通信させることは、セキュリティの観点、サービス品質保証の観点から問題となり得るかもしれません。高価で安全性、品質の高い閉域網を使用するか、ベストエフォートだけど安価なインターネット回線を使用するか、WAN回線利用のジレンマが存在します。

WAN回線を仮想化するCloudBridge WAN仮想化

CloudBrdge WAN 仮想化は、このようなエンタープライズWANの課題を解決するソリューションになります。

このテクノロジーは、複数のWAN回線を一つの仮想WANとして論理的に結合します。WAN仮想化を使用すると、サービス品質(QoS)ルール、パス選択、トラフィックシェーピングなどの機能を適用することにより、優先度の高いアプリケーションが常に良好な性能を発揮できることを保証できます。また、WAN仮想化を使用することで、クリティカルなビジネスプロセスをネットワークの機能停止から守ることもできます。単一のパスだけが残っている場合であっても、主要なアプリケーションをミリ秒単位で切り替えることにより中断のない運用を継続できるため、エンドユーザーは通信断を認識することはありません。

導入のメリット

回線帯域の有効活用

複数のWAN回線を1つの論理回線として束ねることを可能にします。バックアップ専用のブロードバンド回線を保持する必要はなくなります。さらに、最も優先度の高いアプリケーショントラフィックは、最も性能が高く最もパケットロスが少ないパスに割り当てられます。パスの割り当ては、各アプリケーションに関するきめ細かな分類と、WANにおける各パスの性能と稼働状況に関するリアルタイム情報に基づいて、動的に実施されます。このような動的なパス選択は自動的に実行されるため、ネットワーク管理者はネットワークリンクの分析や管理を行う必要もなければ、アプリケーションをパスに割り当てる必要もありません。

フェイルオーバーとフォールバックをどちらも1秒未満で実現

CloudBridge WAN仮想化は、2~3個のパケットロスの発生を見つけただけで、パスの機能停止を検出できます。これにより、次の最も良好なパスにアプリケーショントラフィックを切り替える為、シームレスなフェイルオーバーを1秒未満で実行可能にします。ユーザーがセッションの再起動、通話のリダイヤル、アプリケーションへの再ログインなどを強制されることはありません。また、WAN仮想化は、接続がオンライン状態に復帰した時点で、それを即座に検出し、修復された元のパスへとトラフィックをシームレスに戻します。

関連情報

Citrix CloudBridge 製品ページ

Citrix CloudBridge データシート

WAN仮想化ホワイトペーパー

ワークスタイル変革ポータル

—————————————————————————————————-

本製品はInterop Tokyo 2015 Citrixブースにて展示します。ブース概要はこちらへ

https://www.desktop2cloud.jp/event/interop-tokyo-2015.html