これは、お客様にとって、うれしい、うれいしいサービスになると思います。

「ユニアデックスのXenServerサポートサービス




XenServerのユーザーには、有償エディションと無償エディションを合わせて使用さえれているユーザーが結構います。


例えば、

  1. テスト環境で無償エディションを使用し、本番環境では、VMを複数のXenServerで構成されている環境に移行し、有償エディションを使用されるお客様
  2. 評価環境で無償エディションを使用し、本番移行後に有償エディションを使用されるお客様様
  3. 同一ハードウェア構成で無償エディションを、サービス拡張に伴い、新たにサーバを追加購入するときに、モデルの異なるプロセッサを同一プールで構成する場合に周章エディションを購入されるお客様
  4. 本番環境であるがクリティカルでないVMには、無償エディションを使用し、ミッションクリティカルなVMには、有償エディションを購入されるお客様
  5. サービス事業社で、ベースのVPSサービスで無償エディションを使用し、有償機能やサポートサービスをオプションとして提供するサービス事業社様

その他にも、いろいろ組み合わせが考えられます。

こういったお客様にとって、ユニアデックスさんの、無償版から有償エディションまでカバーできるサポートサービスは、
安心してXenServerを使用していくうえで必須のサービスになるでしょう!!





余談になりますが、ユニアデックスさんは、everRunというマラソンテクノロジーのフォルトトレランス製品も販売されていす。
everRunはXenServerとひじょ~~~に親和性がよく、
XenServer上で動作する仮想マシンに対してフォルトトレランスの機能を提供できます。。

実は、XenServerのHAの機能も、シトリックスとマラソンテクノロジー様と共同開発したものなのです。



Kimihiko Kitase
Product marketing / Technical Alliance
Citrix Systems Japan

wiki: 仮想化技術情報
twitter: @kkitase
facebook: XenServer Japanファンページ