XenServerの有償機能はライセンスサーバーが必要です。ライセンスファイル(.lic)をmycitrixからダウンロードした後、下記下旬に沿ってライセンスファイルを適用してください。なお、無償機能は依然と同じく、ライセンスサーバーは必要ありません。XenServerライセンスファイル(*.xslic)を、XenCenterでXenServerに直接適用すればOKです。

XenDesktopやXenAppのユーザーですと、ライセンスサーバーについて馴染みがあるかと思いますが、XenServerユーザーにとってはライセンスサーバーの設定は初めてになるかと思いますので、ライセンスサーバーの設定の方法を書いてみました。
ライセンスサーバー仮想アプライアンスのダウンロードの起動後の設定はその手順に沿えば問題ないとは思いますが、起動後ブラウザで管理画面にアクセスした後、戸惑うかと思いますのでそちらについて解説ます。

1. https://www.citrix.com/English/ss/downloads/details.asp?downloadId=2301285&productId=683148より、mycitrixアカウントでログオンし、License Server Virtual Applianceをクリックし、License Server 仮想アプライアンスをダウンロードし、手順に沿って設定

2. ライセンスサーバー管理コンソール(Webベース)にログオン

3. “Administration”をクリック

4. “Vendor Daemon Configuration”をクリックし、”Import License”をクリック

5. V6 ライセンスファイル(*.lic)を選択し、”Import License”をクリック

6. “Administer”をクリック

7. “Reload License File”をクリック

8. “The license file was successfully reread.”というメッセージが出たことを確認

9. “Dashboard”をクリックし、”Citrix XenServer xxx Edition”がリストされているか確認

以上

Kimihiko Kitase
Product Marketing
twitter: @kkitase
仮想化技術情報wiki: http://v12n.jp