一年前にXenAppの歴史をまとめてみましたが、また自分でもわからなくなってきたのでUpdateの意味もこめてまとめてみました。

製品名 それ以前 NT4 TSE Win2K Win2K3 Win2K8 Win2K8R2 年代 コメント
WinView
WinFrame 1.7 1997
MetaFrame 1.0 1998 日本でリリース
MetaFrame 1.8 1999
MetaFrame 1.8 FR1 2000 Kimihiko Kitase入社
MetaFrame XP Base Base 2001 IMAの登場
MetaFrame XP FR1 2001 最後のNT TSE版
MetaFrame XP FR2 2002 Yuji Takeuchi入社
MetaFrame XP FR3 2003
MetaFrame Presentation Server 3.0 3.0 2004 最初ののWindows Server 2003版, Atsushi Hirata入社
Citrix Presentation Server 4.0 4.0 2005 最初の64ビットOS版
Citrix Presentation Server 4.5 2007
Citrix Presentation Server 4.5 FP1 2007
XenApp 5.0 5.0 2008 最初のWindows Server 2008版, CPS 4.5 FP1 for W2K3とXenApp 5.0 for W2K3は同じ, XenDesktop, XenServerが登場し始める
XenApp 5.0 FP1 2009
XenApp 5.0 FP2 2009
XenApp 5.0 FP3 5.0 FP3 6.0 2010 5.0 FP3 for W2K3の時、HRPレベルはHRP6, FP3はコンポーネント群のアップデート, 6.0は全く別物と考えたほうがいい

間違っているところがあれば、教えてください。
今度はクライアントの歴史を書いてみたいけど、さらに複雑になるでしょうね。

Kimihiko Kitase
Lead Product Marketing Manager
twitter: http://twitter.com/kkitase
仮想化技術情報wiki: http://v12n.jp