XenDesktop 4がリリースされしばらくたちましたが以下簡単におさらいです。

http://www.citrix.co.jp/products/xendesktop/index.html

今回の発表でCitrixはXenDesktopを単なる仮想PC配信ソリューション=VDIでははなく、デスクトップ仮想化ソリューションプラットフォームとしてとらえています。デスクトップ仮想化とはサーバー仮想化の延長でもなく、あくまでアプリケーション・デスクトップといった従来のパソコン環境の課題にフォーカスしたソリューションになります。 


Citrixではデスクトップを以下のように定義し、

デスクトップ=ユーザープロファイル+アプリケーション+OS+デバイス

それぞれのレイアでの仮想化とオンデマンドでanywhere anydeviceへの配信を行うのがXenDesktopということになります。 

それをふまえたXenDesktop 4における主なトピックは以下になります。

1.Flexcastテクノロジー
2.HDXの強化
3.Windows 7への対応

Flexcastとは新しい言葉ですが、要するにXenDesktop 4は従来のいわゆるVDIと呼ばれる仮想デスクトップの範囲だけでなく、その他の配信方式もサポートできますよということです。もっとかみ砕いていうとXenDesktopのライセンスで従来のXenDesktopだけでなくXenApp/PVSも利用でき、その際にはXenAppもフル機能利用できるようになりました。(XD3バンドルのXenAppはXenApp for VirtualDesktopといってXenDesktopで配信する仮想デスクトップのみへの配信が許可されていました)

HDX(=High Definition user eXperience)は仮想化されたデスクトップ環境を従来のPCと同様の操作感を得るための技術の集合です。従来のICAプロトコル(HDX Broadcast)を含みますが、画面転送プロトコルだけではくWAN最適化技術のBranch Repeater(HDX Intellicache)も含んでいます。特にWAN環境においての性能最適化がポイントです。

またいち早くWindows 7への正式対応、正式サポートをしています。なお、XenServerを仮想インフラとして利用する場合はXenServer 5.5 update 1よりWindows 7が正式サポートになります。

以下XenDesktop 4のリソースです。

XenDesktop 4の評価版ダウンロード

https://www.citrix.com/English/ss/downloads/details.asp?downloadId=1860541

日本語のオンラインドキュメンテーションはこちら

http://support.citrix.com/product/xd/v4.0/?lang=ja&tab=tab-doc#tab-doc

XenDesktop 4簡易構築ガイド

http://www.citrix.co.jp/products/pdf/XenDesktop4-step-by-step.pdf

DDC部分の簡易構築ガイドです。Page 3にターミナルサーバー、IIS、ASP.netを予めインストールとありますが、予めインストールしなくてもインストールは可能です。その場合Page7の項番8以降でWindows 2003のメディアを入れ替える手順が発生します。

XenDesktop – 設計ハンドブック

XenDesktop – Design Handbook

http://www.citrix.co.jp/products/pdf/hyperv/XD_Design_Handbook_J.pdf

XenDesktop日本語フォーラム

以下日本語のサポートフォーラムです。お気軽にどうぞ。http://forums.citrix.com/category.jspa?categoryID=190