DNS

  •  DNS の設定は、DHCP または PIF.DNS
  •  ifcfg-xenbr<X> の PEERDNS=[yes|no]
  • PIF.other-config:domain により上書きされるDHCP よりドメインを検索
  • DNS server IP addrの一覧はカンマ区切り
  • DOMAIN= field は ifcfg-xenbr<X> で設定
  • /sbin/ifup は /etc/resolv.conf で設定
\# cat /etc/resolv.conf
; generated by /sbin/dhclientscript
search uk.xensource.com xensource.com \[...\]
nameserver 10.80.16.28
nameserver 10.80.16.67

&amp;nbsp;



物理 デバイスの設定

  •  ethtoolにより、speed、 duplex および autoneg を設定
  • 他はPIF.other-configより設定
  • o-c:ethtool-speed= 10|100|1000
  • o-c:ethtool-duplex= half|full
  • o-c:ethtool-autoneg= on|off
  • すべての組が有効ではありません、Gigabit Ethernetではautonegotationが必要となります
  • PIFを、アンプラグ後、再プラグすると有効
  • PIFがmanagementインターフェースの場合、reboot。新規設定は/etc/init.d/managemen-tinterfaceに保存
  • bondまたはVLANデバイスには、それほど有益ではない

Network Protocol Offload

  •  ハードウェアのIPプロトコル処理のある側面を有効にする

- IP checksum offload (TX および RX)
- TCP およびUDP segmentation offload

  • ドライバー固有の障害
  • 仮想ネットワークドライバーは、過度にoffloadするので、PIF同様VIFにも適応
\# ethtool \-k eth0
Offload parameters <span class="code-keyword">for</span> eth0:
Cannot get device udp large send offload
settings: Operation not supported
rxchecksumming:on
txchecksumming:on
scattergather:on
tcp segmentation offload: off
udp fragmentation offload: off
<span class="code-keyword">generic</span> segmentation offload: off
  • Bugtool: ethtoolk*.out
  • PIF.other-config:ethtool* および VIF.other-config:ethtool*
  • o-c:ethtool-{rx,tx,sg,tso,ufo,gso} \= [on|off]
  • VIF およびPIFのアンプラグが必要です、managementインターフェースの場合、reboot