Bonding ネットワークインターフェース




  •  デバイス名 bond<X> (xapi が決定)
  • 2つの物理ネットワークインターフェース(スレーブ)以外の1つの冗長なネットワークインターフェースを構築
  • Active-Active 構築
  • ソース(例えばVIF)のMACアドレスに基づき、送信時、スレーブが選択
  • 任意の1つのVIFが最大ひとつのNICの帯域値となります
  • 複数のVIFは全合計の帯域の利点を得ることが可能
  • 負荷は、10秒ごとにリバランス
  • リンク失敗のトラフィックは、他の物理インターフェースへすぐにリバランス
  • Orlando前: Active-Passiveのみ
  • PIFはxapiのbond.cretaeにより自動的に作成、PIF.bondmasterofは、bondオブジェクトを指します
  • スレーブは、PIF.bondslaveof を持ちます
  • 各スレーブに関連するネットワークは、利用されません
  • ブリッジは以前と同様に 構築
  • 物理NICの構築は異なります
  • /etc/sysconfig/networkscripts/ifcfgeth<X>

    \# DO NOT EDIT: This file (ifcfgeth0)
    was
    autogenerated by interfacereconfigure
    XEMANAGED=yes
    DEVICE=eth0
    ONBOOT=no
    TYPE=Ethernet
    HWADDR=00:13:20:f3:f0:d3
    MASTER=bond0
  • /etc/sysconfig/networkscripts/ifcfgbond<Y>
# DO NOT EDIT: This file (ifcfgbond0)
was
autogenerated by interfacereconfigure
XEMANAGED=yes
DEVICE=bond0
ONBOOT=no
MACADDR=00:13:20:f3:f0:d3
BRIDGE=xapi4
SLAVE=yes
  • /proc/net/bonding/bond<X>
  • 失敗の数も含め、スレーブの状態を表示
  • bugtoolに含まれます