XenAPIオブジェクトがどのようにLinuxのネットワーク概念および構築にマップするのか考えます。

実際に実装する際の設定ファイルのありか、概念、およびメカニズムを考えます。

現在のネットワークの状況を確認する方法および、同様の情報がbugtoolのどこに保存されるのかを考えます。



すべてのネットワークの設定がXenAPIに保存

PIFおよびネットワークオブジェクトの直接のフィールドとして、またはother-configフィールドとして

interface-reconfigure スクリプトはXenAPI経由でデータモデルを検証し、設定ファイルへ書き込みます

/sbin/ifupコマンド、設定に沿って、ネットワークを設定する、を呼び出します

スクリプトは、 /opt/xensource/libexec/ にあります

ブート時に/etc/init.d/managementinterface が前回のブートでキャッシュされている設定を利用し、マネージメントインターフェースを起動します

PIF.plug XAPIがPIFを起動する要求を行うスクリプトを呼び出します

スクリプトは、新規の設定に衝突しないよう既存のネットワークの状態との整合性に注意を払います

多くの設定ファイルは以下です

 /etc/sysconfig/networkscripts
- ifcfg{eth<X>,bond<Y>,xenbr<Z>,xapi<A>
- route

Unknown macro: {xapi<A>,xenbr<Z>}


いくつかは、以下です

/etc/sysconfig/network
- Gateway Device (==management interface)

bugtoolに含まれます

 /sbin/ifup および/sbin/ifdown を利用し、設定します

多くは次です

 /etc/sysconfig/networkscript/if

Unknown macro: {up,down}

eth

CentOS/RHELをベースにしていますが、パッチを適応しています