XenServerで実装しているHAの切り替え時間は、45秒+ゲストOSのブート時間になります。
その後データベースのサービスなどではロールバックなどの処理が入るため、サービスがReadyになるまではもう少し時間がかかります。

MSCSでは、15秒単位のハートビートで障害と検出するのに60秒待ちます。その後サービスの起動です。

XenServerは5秒単位のハートビートで障害検出に要する時間は40秒(最大45秒)、その後ゲストOSのリブートです。

(30秒応答が無ければ。)

-—-

xhad.conf
    <parameters>
      <HeartbeatInterval>7</HeartbeatInterval>
      <HeartbeatTimeout>60</HeartbeatTimeout>
      <StateFileInterval>7</StateFileInterval>
      <StateFileTimeout>60</StateFileTimeout>
      <HeartbeatWatchdogTimeout>60</HeartbeatWatchdogTimeout>
      <StateFileWatchdogTimeout>75</StateFileWatchdogTimeout>
      <BootJoinTimeout>120</BootJoinTimeout>
      <EnableJoinTimeout>120</EnableJoinTimeout>
      <XapiHealthCheckInterval>60</XapiHealthCheckInterval>
      <XapiHealthCheckTimeout>120</XapiHealthCheckTimeout>
      <XapiRestartAttempts>1</XapiRestartAttempts>
      <XapiRestartTimeout>300</XapiRestartTimeout>
    </parameters>

 HeartbeatInterval・・・ハートビート間隔
 HeartbeatTimeout・・・ハートビートのタイムアウト
のような気がします。

なので、7秒間隔のハートビートで、障害検出は60秒では